« なぜ株式は初心者でも扱いやすいのか | トップページ | ラスターレイクが評判になる2つの理由 »

2018年2月 1日 (木)

「FXは勝てる」に騙されない!

投資の知識がない人でも、将来的なお金の不安を解消しようという思いからさまざまな方法に手を出すことがあります。たとえば、「銀行預金」を利用すれば安全に資金を増やしていくことができますが、金利の関係上、数千万円を1年預け入れたとしても増える金額は微々たるものです。
仮に金利5%としても1000万円当たり50万円しか増えませんが、実際の金利は1%以下になるため、1億円の預金でやっと可能性が出るかどうかといったところです。

つまり、銀行預金での金利だけでは到底生活をすることはできないわけなので、他の投資先を検討する必要があります。そして、その際に多くの人が選択肢に含める方法というのが「FX」です。

FXは、「外国為替証拠金取引」というものですが、簡単に言い変えてしまえば「為替投資」です。各国の通貨ごとの相対的な価値の変動を利用して利益獲得を目指す方法で、基本的な仕組みは「価値が上がるのか下がるのかの予測」で成り立ちます。
つまり、将来的に価値が上がる可能性があると予想できる場合には、安いうちに購入して高くなった時に売るだけで利益を得ることができます。

どの程度の期間で売買が完結するのかは状況や目的次第で変わりますが、たとえば1日単位の変動を利用して行う「デイトレード」ならば、非常に短い時間で取引が完結します。短時間取り引きの場合、どうしても変動幅が小さくなってしまいやすいので、元手を大きくしなければ大きく稼ぐことは困難です。
しかし、大きく投資するということは大きな損失を被るリスクを高めることにもつながっていくため、よくよく考えて手を出すことが求められます。

超長期の取り引きができる状況であれば、ほぼ確実に勝てると考えても問題ありません。なぜなら、貨幣の価値は増減を繰り返すのが普通で、どちらかの方向に一方的に変動し続けることはあまりないからです。しかし、その間の増減を耐え忍ぶことができる余力を確保しなければいけないので、やはり相当な資金力が求められます。

« なぜ株式は初心者でも扱いやすいのか | トップページ | ラスターレイクが評判になる2つの理由 »