« 株式投資で資産運用! 儲けの仕組みを理解する! | トップページ

2017年12月16日 (土)

オンライン証券と普通の証券会社の株式の違い

これから投資家としてデビューを目指そうとしている人にとって魅力的に感じられるのはオンライン証券であると言えるでしょう。インターネット上ですべての取引を行うことができると言う点は非常に魅力的であり、忙しいサラリーマンや主婦にも適している仕組みを提供してくれています。しかしながらこのようなオンライン証券が登場するまでは証券会社が主に投資のためのサービスを取扱う会社として活動していました。これらの違いについてよくわからないと感じている人も多いのです。

結論から言ってしまえばオンライン証券も証券会社の1つです。
活動形態がインターネット上のサービスに注力していると言う違いであると言えるでしょう。昔から活動している伝統的な証券会社がオンライン部門を新たに立ち上げているケースもあり、それほど違いを気にする必要はありません。これから活動しようと考えている個人投資家であればインターネットで取引をすることができるサービスの中から選択するようにすればよいのです。

株式投資をしたいと考えているのであれば、基本的にはどのような証券会社であっても問題はありません。従来型の証券会社の活動が営業担当者がついて細やかなアドバイスに基づいてサポートするのに対し、オンライン証券はセルフサービスに近い状態にあるというのが特徴となっています。
前者は手数料も高く負担が大きいですが、後者の場合には安い手数料で取引をすることができますので個人投資家に向いている仕組みであると言えるでしょう。そのかわり細やかなアドバイスなどを受けることができませんので、取引については自己責任であると言う色彩が強く出ています。

どちらが良いのかと言う点については株式投資に関わるスタンスであると言えるでしょう。多くの場合個人投資家として活動するのであれば株式投資のために必要な要素が全て揃っているオンライン証券で問題ありません。
必要な知識については自分で学ぶ姿勢が必要になりますが、取引を繰り返す中で自然に身に付いていくものであると言う性質もあります。

« 株式投資で資産運用! 儲けの仕組みを理解する! | トップページ