« FXの特徴と注意点について | トップページ | 不動産投資で不労所得を得てみたい »

2017年11月 6日 (月)

不動産投資によって自分らしい人生を送ろう

事業用の不動産を所有すると、会社で働くことによる給与とは別の収入を得られます。不動産を持っている信用によって、新たな不動産を購入するための融資も受けられるのです。副業から老後の生活まで色々な目的で行われている不動産投資は、サラリーマンにこそ向いている事業と言えます。自分にとって良い待遇の会社へ転職するのが当たり前の時代では、自分自身でも事業を行うのが賢明です。

不動産投資であっても、高額の不動産をローンで購入する点は自分で住むケースと変わりません。ただし、事業用の不動産には毎月の家賃などの安定収入があるので、その収益をローンの返済に回せます。適切な事業計画を立てておけば、自分の給与からは返済しないプランも可能です。ローンを完済したら、その後に入ってくる収入は全て自分の利益になります。毎月の収支が黒字ならば、ローンによって収入が増えるという理想的な状況になるのです。

賃貸物件などの不動産投資では、オーナーをサポートする仕組みが整備されています。不動産会社に任せることで、入居者とのやり取りを最小限で済ませられるのが魅力的です。部分的に業務を委託する方法で、複数の物件をスマートに運営している方もいます。本業であるサラリーマンと大家を両立させて、収入アップを実現してみましょう。経営が軌道に乗れば、将来的にはサラリーマンから不動産の運営を生業とする事業者になる道も選べます。

サラリーマンが脱サラをする時に一番困るのが、家族からの理解です。不動産投資は周囲からの理解を得やすく、段階的に独立を目指せます。独立した後にも不動産会社の社長という立場だから、堂々と書類の職業欄に記入できるのです。世間体としても抜群で、不動産を所有していることから社会的な信用が高くなります。日本では昔から不動産を特別に扱っており、例えば自宅が持ち家であるのかどうかでも印象が変わります。不動産のオーナーであれば、物件の価値にかかわらず尊敬されるケースが多いです。

« FXの特徴と注意点について | トップページ | 不動産投資で不労所得を得てみたい »