« 口コミで評判のラスターレイクの仕組み | トップページ | 株式で資産運用をする場合のさまざまな手法 »

2017年8月 7日 (月)

不動産投資で資産運用をしよう

マンションやビジネスビルなどを所有していて、その家賃収入で生計を立てていたりサイドビジネスとして収入を得ている人は意外と多いです。ある程度収入があると資産運用についても考えるようになりますが、金融商品で運用するよりも不動産投資を行う方がおすすめです。これらを比較してみるも、金融商品の場合も不動産投資でも手数料はかかるのですが、統計的には不動産の方がリスクは少ないです。

商品にもよりますが、不動産の方が価格暴落の可能性が低く、堅い資産運用をしたい人には向いています。金融商品の場合はハイリスクハイリターンのものも多く、サイドビジネスとして行うには少しリスクが高いかもしれません。もちろん、ほとんどリスクのない元本保証の商品もありますが現在の景気だと上がる要素はほとんどなく、運用というよりもほとんど金利のつかない銀行に預けているのと同じ、という状況になりがちです。さらに、手数料はどの金融商品でもかかるためその分がマイナスになってしまうこともあります。不動産投資の場合ももちろんリスクはつきものではありますが、不動産の方が傾向が読みやすいため、投資会社の担当からある程度の情報を得ておけば自らリスクを減らすことは可能です。何の物件を購入して運用するにしても、その投資会社が非常に重要で、厚いサポートを受けられるようなところを選びましょう。

会社によっては売ったら終わりというところもありますが、中にはいろんなサポートをしてくれるような会社もあります。営業はどこもかなりしつこくある傾向ですが、その中でも評判のいいところを選ぶことが利益を生み出す一歩につながります。予算に合わせた提案をしてくれて、購入後もきちんとサポートしてくれるかどうかをチェックしましょう。物件によってはサイドビジネスでちょっと収入を増やすだけのつもりがまとまった収入になることもあります。たくさんの情報収集をして、チャレンジしてみましょう。

« 口コミで評判のラスターレイクの仕組み | トップページ | 株式で資産運用をする場合のさまざまな手法 »