« ラスターレイクでは金地金を安く買えると評判です | トップページ | FXで資産運用を始めるならセミナーには参加すべきか »

2017年7月13日 (木)

株式で資産運用するときのポイント

株式で資産運用を行うには証券会社に口座を作る必要がありますが、取り扱いをしている会社は多数あるため、自分に合っているところを選びます。大きく分けると店舗を持っており、担当者と相談して購入できる会社とインターネットで自由に購入できる会社があります。株式の知識が少なく不安な場合は、利用しやすい自宅から近い証券会社に口座を作ると良いでしょう。店舗に通うのが面倒で知識に自信があればインターネットの証券会社で良いですが、この場合、店舗がないので口座維持手数料が無料の会社も多いため、複数の口座を作って自分に合うと感じたところを利用することもできます。

これから資産運用を始める場合、少額から始めてやり方を覚えていくのが安全なので、1株から購入できる証券会社を利用します。基本としては1単元の単位で購入することになり、1単元の最大は1000株なので単価の高い会社の株を購入しようとすると費用が高額になります。そのため、ミニ株や単元未満株などの小さい株で売買すれば費用を抑えられます。

株式で利益を得る方法として、価格の変動を利用したキャピタルゲインと、企業の利益の一部を株主に配当を分配するインカムゲインの2つがあります。前者が主にデイトレード、後者が長期保有をする際に利用される手法になります。

キャピタルゲインを狙う場合、チャート分析で価格の変動を予測するだけでなく、様々なニュースをチェックしておくことが重要になります。例えば健康に大きな影響を及ぼす害虫の大量発生するニュースがあれば殺虫剤の需要が見込まれ、それに関連する会社の株価が急騰します。

インカムゲインの場合、配当が得られる権利確定日に株を持っていないと、それまで保有し続けていたとしても1円も貰えません。権利確定日が近くなると配当を得ようとする投資家が増えるので需要が高まって株価が上がる、または下がりにくくなり、確定後に株が手放されて値を下げる、という動きが多くなります。そのため、直前に保有してすぐに手放そうとすると失敗する可能性があるので注意しましょう。

« ラスターレイクでは金地金を安く買えると評判です | トップページ | FXで資産運用を始めるならセミナーには参加すべきか »