2018年3月29日 (木)

口コミでも評判の良いラスターレイク

いろんな資産運用の方法を試してみたけどあまり儲からないという人もいることでしょう。中にはリスクが高い資産運用に手をだしてしまい、大切な資産を失ってしまったという人もいます。せっかくコツコツ働いて貯めた資産なのでリスクの高い資産運用には手を出さない方がいいでしょう。

金ならばリスクが低く安定した利益を得ることができるので、これからの資産運用として人気があります。株式投資やFX投資などは世界情勢によっては、価値が全然なくなることもあるので大きな損失を被ることになりますが、金はどんなに世界情勢が悪化しても価値が無くなることはないので安心です。金の数は限られているので将来はどんどん値上がりすることが考えられます。

金地金を購入してみたいと考える人もいるでしょうが、金地金の販売会社をどこにするかがとても重要です。日本の販売会社では消費税や手数料が発生するので費用も高額になりがちですが、海外の販売会社なら消費税や手数料がほとんどかからないのでかなり格安料金で購入できます。

海外の販売会社の中でもラスターレイクは高品質な金地金を格安料金で購入できると口コミでもとても評判がいいです。日本の販売会社で1kgの金地金を購入した場合とラスターレイクで購入した場合では、ラスターレイクの方が40万円も安く購入できます。

ラスターレイクは国際メジャーブランドを中心に扱っていますが、日本では扱わないようなブランドも取り扱うので口コミでも評判が高いです。世界的なネットワークを持っているので高品質な金地金をどこよりも安い価格で購入できるのも口コミで人気の高い理由でしょう。

ラスターレイクは購入した金地金を保管運用できることも口コミで評判がいい理由です。毎月決められた配当金も受け取れるので安定した資産運用としても利用できます。預ける期間も1年や3年、そして5年の中から選べるので自分のニーズにあわせて選びやすいのも口コミで人気があります。

2018年3月25日 (日)

そもそもFXとは何なのか

近年は将来の不安などかFXを始められる人が増えているが、そもそもFXとは何なのかというと、株式投資や先物投資などと同じ投資の一種になります。Foreign Exchangeという言葉を省略してFXと呼ぶのだが、これは日本語では外国為替証拠金取引を意味していて、外国の通貨を売買して生まれる為替損益を得る投資です。

よくニュースや新聞などで1ドル100円と言った表現を目にすると思うが、例えば1ドルが100円の時に100万円分のドル、つまり1万ドルを購入したとします。そのまま時間が経過して1ドルが110円に上がった場合、ニュースではドル高円安と表現するが、手持ちの1万ドルは日本円にすると110万円になっているので、その状態で円に戻せば10万円の利益が生まれることになります。

反対に同じ条件で100万円分のドルを買っていたといます。しかし、予想に反して1ドルが90円になった場合、ニュースではドル安円だがと表現するが、手持ちの1万ドルは日本円で90万円の価値になっているんで、この時点で円に戻すと10万円の損失になります。

ところが先ほどの利益が出ている時も同様だが、円に戻さなければ損益は確定されていないので、仮に1ドルが90円に下がったとしても、その後は価格がドル高に進み1ドルが購入時の100円を超えてくるか見しれません。もちろん、1ドルが110円の時でも相場が上昇から下降に転換して購入時の100円を下回ることもあります。

つまり、どんなに購入してすぐに損益が発生していても、それはまだ確定していない損益なので今後は利益が大きくなる可能性もあれば小さくなる可能性、もしくはマイナスに転じる可能性もあるということです。このような損益が確定していないもののことを含み益や含み損と呼び、購入するタイミングよりも決済するタイミングの方が重要と言われるほど決済のタイミングは難しいです。

ちなみにFXではレバレッジ効果と呼ばれる資金の数倍から数十倍の取引が行えるシステムがあるので、それを使えば100万円に対して10万円の利益を得るのに必要な価格変動が10円も価格変動がなくても得ることが可能です。ただし、それは利益だけでなく損失にも言えることなので注意してください。

2018年3月23日 (金)

株式運用で重要になる証券会社選び

株式を運用してみたいとなると証券会社を経由しなくてはなりません。しかし、証券会社も数多くなり、スタイルも様々になってきているので、まずは自分に合っている損のない証券会社を選ぶところからスタートします。ひと昔だと窓口に行って契約して口座を開き、売買は窓口に社員に依頼するか、電話で申し込みをするといった面倒なイメージがありました。

もちろん、今でもその方法でもできますが、その方法だと仕事中だと売買できないしタイミングを失ってしまうなどのマイナス面も多いです。そこで最近はネット証券もメジャーになってきて利用者数はどんどん増えています。ネット証券といってもネット専業の場合と、今まで通りに店を構えつつネットで売買もできるように対応しているケースがあります。

ネット専業の場合は株式の売買もネット1つでできますし、口座への入金や出金、さらには口座開設までもできてしまいますので自宅に居ながらにしてすべて完結できます。ネット環境があれば売買などは出先でもできますので忙しい方でも株式の管理がしやすい、タイムリーに動けるなどのメリットがあります。

さらに店舗を持たないことで経費削減できるので売買の手数料が割安なのも魅力です。一方で店舗を持つ昔ながらの証券会社でもネットで売買できるツールを開発してネット証券同様のサービスが受けられるようになっていることも多くなっています。

店舗でプロの社員と一緒に考える良さとネットで素早く対応する良さのダブルでサポートしてくれます。ただ、手数料の面だけはネット専業のほうが上を行きます。

このようにさまざまなタイプの株式のやり取りができるようになってきているので、自分の取引するときの環境や重要視するポイントによって無駄がない証券会社を選ぶようにすると使い勝手も良く安心です。

複数で開設してみて、比較してしっくりくるほうを最終的にメインにするのも1つの方法です。大切な取引をする場ですので、証券会社選びはよく考えて選ぶことがおすすめです。

2018年3月19日 (月)

ゆとりのある将来のために不動産投資を実践

将来設計の重要な項目として、ライフイベントにおける出費をどのように確保していくのかという問題があります。一般的な給与所得者であれば、年収から導き出せる年間貯蓄額を計算し、住宅や車などの高額となる物品や子どもの教育、旅行や老後の生活などを全て自分の給与所得から支出しなければなりません。

雇用情勢が流動的であることや、年功序列の制度が根本から覆される傾向にある現在において、長期間の安定をみなしてライフプランニングを行うことは、もはや意味合いが薄れてきていると考えても良いものです。

給与所得とは別の現金収入を確保する手段を用意し、働かなくとも収入が得られるシステムを手に入れてこそ安定した生活を進めていけるということにほかなりません。それが投資と呼ばれる方法です。投資については多くの方が手を出しにくいと考えている方法であるものの、比較的安全で確実性の高い不動産投資であるのでしたら、低いリスクや自己資金が少ない状態からの開始も可能となりますので、ぜひ検討してみることがおすすめです。

不動産投資の中でもポピュラーで、多くのサラリーマン投資家が実践している方法は、マンションのオーナーとなることです。自己所有の不動産物件を貸し出すことで家賃収入を得るというビジネスモデルであり、副業としても最適です。政府の方針でも副業は原則的に禁止から原則的に容認となり、今後の経済情勢の見通しからも、各個人が自分で考え抜いて激動の時代を安定して乗り切っていくことが求められているといえるでしょう。

マンションでも、比較的価格帯が低く需要が都心部において大変旺盛なワンルームタイプの物件がおすすめです。投資対象のマンションは多く販売されておりますので、より立地の良い物件や利回りに優れている物件、将来性なども考慮した上で選ぶことが重要です。

販売から管理運営まで適切なサポートを行っている業者と連携をしながら、不動産投資の第一歩を踏み出したいものです。

2018年3月15日 (木)

海外FX業者には魅力がいっぱい

FX(外国為替証拠金取引)は日本でも人気の高い投資方法の一つですが、最近はレバレッジ規制がちょっと厳しくなってきています。昔はかなり高いレバレッジで取引ができましたが今はかなり制限されており、さらに規制が強まるという話も出ています。

確かにレバレッジをかけた取引はリスクを伴うので規制も仕方ない気はしますが、あまり国内で規制を強化すると、結局は海外FXの方に投資家が流れていく可能性が高いです。海外のFX業者では、今でもレバレッジ規制がかなり緩い状態なので、日本国内とは比べものにならないくらい高いレバレッジをかけて取引ができます。

100倍どころではなく、800倍くらいでトレードすることができる業者も存在します。10万円の元手でも8000万円のトレードが出来るわけですから凄まじいです。あまり高いレバレッジをかけると、相場が予想を裏切る方向へ行った場合に大損して立ち直れなくなるのではないかと心配する人がいるでしょうが、その点に関しても実は海外業者を使えば問題解決できてしまいます。

海外の業者ではゼロカットシステムを採用している場合が多く、これは簡単に言うと、追加で支払わなければならない証拠金が発生した場合でも、業者側でそれを負担してくれるという画期的なシステムです。為替が急激に動くと巨額の追証が発生して借金を背負ってしまう可能性がありますが、ゼロカットシステムがあればその心配はありませんから、思い切った取引をすることができます。

さらに海外FX業者には、国内業者では考えられないような特典を用意しているところがたくさんあります。例えば、口座を開設してお金を入れるだけでボーナスとしてお金をくれるところや、入金した金額と同じだけのボーナスをくれるようなところも存在します。

このような話をすると、海外業者を使った方が絶対に良さそうにも思えますが、ただし言葉の壁があったり、証拠金の保全が甘かったり、手数料が高かったりなどの問題点もあるので、選択は慎重に行う必要があります。

2018年3月10日 (土)

ラスターレイクが評判になる2つの理由

ラスターレイクと言う付近を取り扱っている会社の事はまだまだ広く知られてはいませんが、非常に魅力的なサービスを行っている業者ですので今後広く知られていくと考えられます。現在ある他の国内の業者と比較してもかなり魅力的なプランがあるのです。

具体的には国内の標準的な相場よりも8%程度安く購入することができると言う点と、本来であれば富を生み出さない金であるにもかかわらず、運用によって利益を得ることができるという仕組みを提供している点が挙げられます。これがラスターレイクがすごい業者だと評判になる理由であるといえます。

まずこのラスターレイクと言う会社ですが日本の会社ではありません。ドバイに拠点を置く海外の業者であると言うのが1つの特徴になっています。大地の魅力である8%程度安い価格で購入することができると言う秘密はここにあります。

海外で取引をすることにより消費税の影響を受けずに済むと言うことが、8%安く購入することができる秘密であると言えるでしょう。少ない資金で同じだけの金を運用することができますので投資家としてのメリットも大きいのです。

そしてもう一つが金の運用の仕組みを持っていると言う点ですが、これは日本国内の企業とは異なり金を日本国内に持ち込まずに運用すると言うことが関係しています。ラスターレイクのプライベートバンクを活用して独自の運用することにより運用益を受け取ることができるのです。

利息も配当もない金を使って定期的に収入を得ることができるのは大きな魅力であると言えるでしょう。この点が評判となってラスターレイクは多くの投資家の注目を集めることになりました。

安全資産である金の運用しながら定期的に収入を得ることもできると言う非常に魅力的なプランが評判となっています。海外の業者ではありますが日本語での日本人向けのサービスが提供されていると言う点において普通の海外の業者とは異なります。日本語でのサポートも充実しており非常に魅力ある運用が可能です。

2018年3月 7日 (水)

知っておきたいFXの仕組み

FXの仕組みの1つにスワップポイントがあり、日付の変更時に保有している通貨に対して利息が発生します。スワップが実際に付与されるタイミングは業者ごとに違いがありますが、目安では日本時間の7時、サマータイム中は6時です。前日の保有数から算出されますが、市場としては実際に付与しているのは前日のものではなくさらに2日前のものになります。

また、土日は市場が休みになっているので後からまとめて付与される仕組みになっているので、木曜になったときには3日分のスワップになるのが特徴です。

これを活かして木曜の直前に通貨を保有すれば簡単に利益が出そうに見えますが、この時間帯は流動性が下がっているのでスプレッドが開く傾向があることに注意します。開きが大きくなれば逆に損失になり、スプレッドが戻るのを待っていると相場が下落する場合もあるため、あまり有効な方法とは言えません。

また、ほとんどのFX業者ではスワップは売りで保有しているときのマイナスの方が大きくなっており、この状態での損失が大きいタイミングと認識した方が安全です。

スワップの扱いもFX業者によって異なっており、通貨を保持したままスワップだけを引き出せるものと、決済したときにまとめて貰えるものがあります。どちらを使っても全体で得られる金額は変わりませんが、細かくお金を引き出したいのであれば前者のシステムになっている業者を選んだ方が良いです。

スワップは各社で違いがあり、開きが小さい場合はできるだけ大きいところを使った方が利益になりますが、他社と比べてかなり小さくなっているところも見方を変えると有効な運用先になります。

スワップが小さい場合、売りのときに出るマイナスも小さくなっているのでこの状態での損失を抑えられるのが特徴です。高金利通貨は相場の下落傾向が続く場合もあるため、買いでスワップを増やすのではなく売りで為替変動による差益を狙うのであれば小さい方が使いやすいです。

2018年3月 4日 (日)

株式で損をせずに儲けるためには?

株式投資は、上場している会社の株を購入して、その差益を狙うというものです。企業が成長するために株を市場に上場し取引所で毎日売買されていますが、その価値は日々変動しており、その変動を利用して利益を得るのが目的ですが、株式投資のわかりやすいところは企業の業績によって価値は上昇するということです。

特に成長企業であれば価値は右肩上がりに上昇し続けますから、投資の中でもわかりやすいものです。

しかし、株で大損をしたという話もきかれます。投資ですからリスクはもちろん存在しており株式投資も例外ではありません。理由としては経済的な影響を受けやすいということで、いくら業績がよくてもその株を買っている人たちが売ってしまえば価値が下がってしまいます。

まして成熟した企業では価値の変動は緩慢になるため持っていれば価値が上がるというものではなく売買することで差益を拾っていくことが重要になってきますが、この差益を拾おうとして高値を掴んでしまうなどすれば大損となるわけです。

株式で儲けるためには、儲かる株を見つけることです。また忍耐力も重要で短期間で売買することは考えない方が無難です。儲かる株は企業の業績などで大前提として黒字経営であることが大切です。

赤字や赤字に転落しそうな企業では価値が激しく変動するため差益を得るのに適している場合がありますが、リスクが高すぎるといえますし、赤字であるということは企業の価値が減っていることを示していますから倒産リスクもあり、よほど投資情報に長けている人でなければ手出ししないことが損をしないための鉄則です。

また企業が成長し続けている限りは社会情勢や経済情勢により急激な落ち込みは数年後には取り返しているというデータがあり、このため儲けるためには決して損切りをして損失を拡大させないこと、そしてそれに耐えられる忍耐力がポイントになってきます。

また株式でも現物取引では維持するのに費用は掛かりませんから、成長しそうな企業を見極めて余剰資金を使って投資すれば十分な利益を得ることができるものです。

2018年3月 1日 (木)

不動産投資が税金対策と生命保険の代わりになる理由

不動産投資と聞くと土地やビルなどの不動産を既に持っている人が税金や遺産相続税対策のために行うものと思われがちですが、最近はサラリーマンの方でも投資に参加する人が増えています。

この理由はサラリーマンとして収入を得ている場合に投資目的で土地や建物などをローンを組んで購入すると、節税対策と生命保険の代わりとして活用することができるからです。

駐車場・コインランドリー・賃貸物件などの不動産投資を行う目的でローンを組んで借金を返済する場合、本業の収入とローンの返済額を差し引いた分がその年の所得としてみなされて所得税や住民税の課税金額が決まります。

繰上返済が可能であればローンの返済額を任意に設定することができるので、給料などの収入から生活に必要な分を除いた全てをローンの返済にあてることでその年の所得額(年収)を減らすことができます。

日本では累進課税が適用されるので、年収額が少なくすることができれば所得税の課税割合が低くなるのでかなりお得です。雑所得で総合課税扱いになるような副業や他の投資などを行っている場合でもローンの返済をすればその年の所得を減らすことができるので、他の収入についても実質的に非課税にしてしまうことが可能です。

不動産投資でローンを組む場合には団体信用生命保険に加入することができるので、もしも病気やケガの後遺症などで本業の仕事ができなくなった場合でも保険会社がローンの返済を肩代わりしてくれます。仕事ができなくなって失業しても投資用の物件は自分の物になるので、入手した不動産を活用して駐車場やアパート経営などの事業を行って収入を得ることができます。

サラリーマンや自営業で仕事をしている方が不動産投資のメリットを享受する方法は、土地や建物などの不動産を取得する際にローンを利用して本業の収入を減らすことです。考え方によっては不動産物件を所有していない人の方が不動産投資を行うことで得をすることができます。

2018年2月25日 (日)

なぜFXでは初心者でも利益を出せるのか

FXの魅力は、投資を始めて実践する初心者でも一定の収益を出し続けることが可能なことです。なぜFXではこのようなことができるのでしょうか。そもそも、FXというのは通貨を利用して収益を出していく投資であるため、銀行で扱っている金融商品と同じ役割を果たしています。例えば、銀行の金融商品には金利というサービスが存在します。

金利は、銀行に預けておくだけで預金に対してお金がプラスされるサービスのことを意味します。ただ預けておくだけでお金が増えていきますので、現在でも金利を利用して自身の資産を増やしている人は多いです。実は、こうした金利のサービスがFXにも存在し、簡単に利用できるようになっています。

しかも、外貨には日本円よりも遥かに金利が高い通貨が存在しますので、これを利用すれば日本の金融機関の金利よりも効率的に資産を増やすことができます。やり方は簡単で、金利の低い通貨から金利の高い通貨に高官をすれば良いのです。

外貨の取引では、金利の低い通貨から高い通貨に取引をすると、その差額の分だけの金利を元金に設定できるようになります。仮に、1%から5%の金利の通貨に高官をすると、差額の4%分の金利を通過に設定できるわけです。日本の金融機関で設定できる金利は、せいぜい定期預金の1%限界です。

それと比較して、外貨ではこうした金利差を利用したとしても4%から5%程度の金利を設定できます。100万円のお金を預けておけば、1年間で4万円から5巻円程度のお金を手に入れることができる計算になります。

FXは、デイトレードのように高速な取引が主流となっているため、初心者の人もそうした取引をまねようと努力する傾向にあります。

しかし、金利差を利用したこのような方法を利用すると、たった一度の取引で資産を増やす準備が整います。後は、時間の経過によって勝手に資産が増えていきますので、全くの初心者でも簡単に投資を実現できるわけです。

«口コミでも評判の良いラスターレイク