2017年9月 9日 (土)

ハイリスク、ハイリターンのFXで資産運用を図る

退職金などでまとまったお金が入った場合に、とりあえずは銀行に預けるというケースが一番多いのではないかと思います。しかし、歴史的な低金利状態にある現在の日本では銀行に大金を預けてもほとんど利息はつきません。定期金利でも0.1%もいくかどうかという低さです。これでは、せっかくのお金を銀行に眠らせておくだけになってしまいます。そこで、近年では、資産の一部を積極的に投資に回して資産運用を図る人が増えてきています。

資産運用の代名詞的に存在は株式投資ですが、実際にはそれ以外にもさまざまな投資先があり、それぞれリスクやリターンは異なります。株式投資は比較的ハイリスク、ハイリターンの投資であるとは言えますが、それよりもリスク、リターンとも高い投資商品があります。そのうちの1つがFXです。

FXは異なる2つの通貨のペアを取引対象とします。通貨を取引するという観点では外貨投資に似ていますが、FXには外貨投資にはない大きな特徴があります。それはレバレッジ取引。これが、FXがハイリスク、ハイリターンと呼ばれる所以です。

レバレッジ取引を行うことで、差し入れた資金の数倍から数十倍もの額の通貨ペアを取引できるようになります。例えば、米ドル円であれば、1万通貨を取引するために、レバレッジ1倍なら日本円で100万円以上の資金が必要ですが、レバレッジを10倍にすれば、資金は10万円程度で済みます。つまり、少ない資金でも大きな額を取引できるようになるのです。

このことは、為替レートが僅かに動くだけで大きな利益を生むことを意味します。例えば、1万通貨の取引なら、ドル円レートが1円動くだけで、1万円の利益を出すことができます。つまり、差し入れた資金が10万円に対して、10%の利益をたたき出すことができるのです。
しかし、これは、逆に言えば、想定とは逆方向にレートが動いたときに大きな損失が発生することを意味します。場合によっては差し入れた資金をすべて失ってしまうこともあります。そのため、FXで資産運用を図る場合には大きな資金を投入しすぎないことが重要です。

2017年9月 7日 (木)

株式投資が現在の資産運用の中心

現在の日本での資産運用の中心はやはり株式投資といえるでしょう。2003年あたりからネット証券が盛んになってきたことによって手数料がそれまでの10分の1以下になるようになりました。それによって今までの資産運用が不動産投資が中心だったのが株式投資に変わってきました。

株式投資と一言でいっても銘柄は現在日本だけでも4000銘柄あります。また、日本だけではなくて世界まで見れば銘柄数が数え切れないぐらいあると言ってよいでしょう。そして、その銘柄単位でもローリスクローリターンなのかハイリスクハイリターンなのかに分かれます。

例えば、東証一部の配当利回りが高い銘柄であれば、ローリスクローリターンの投資になります。大きな利回りは見込めませんが、銀行預金の金利0.1パーセント未満よりははるかにいい投資といえるでしょう。それに比べて新興市場にあるような銘柄ですと10倍になるものもありますが、潰れてしまうようなことも十分にあり得るといえるでしょう。

このように、銘柄によって様々なリスクとリターンがあります。ただ、その中でも現在人気な投資の中の一つに株主優待投資というものがあります。日本独自のシステムですが、株を持っているとその会社のサービスなどを商品券などにしてくれるサービスになります。この投資の特徴としては、資金が少ない人のほうが有利な投資となるところが上げられます。つまり、個人投資家が有利な投資になるわけです。

配当だけだと利回りが4パーセント以上のものを探すのは大変ですが、株主優待も含めて考えれば利回りが5パーセント以上のものも多く存在します。そして、大抵の場合は単元株だけ持っている人が一番利回りがよくなりますので、資金力が少ない人のほうが有利な投資になります。

もちろん、その株主優待でもらったものを有効活用できる人が一番いいですが、そうでなくても金券ショップなどに売ることができれば、それも十分にいい利回りの投資といえるでしょう。

2017年9月 2日 (土)

金を運用したいならラスターレイクのサービスに注目

ラスターレイクと言う業者に注目が集まっています。この業者で提供されている金地金の取引は非常に魅力的な特徴を持っているため個人投資家を中心として多くの注目を集めています。この業者の提供しているサービスを詳しく知ることにより、外ではなかなか見ることのできない非常に魅力的なプランであると言うことがわかります。特に安い価格で購入することができる仕組みについては非常に画期的なものであると感じる人が少なくないのです。

日本国内で金地金を購入しようとする場合には、様々な税金などの諸経費が必要になるのが一般的です。また金には相場と言うものが形成されておりインターネット上でいつでも確認することができるため、その価値については全国で共有されていると言う特徴があります。そのため日本国内で購入するのであれば、どこで購入したとしても大きな差がつかないのが現実です。しかしラスターレイクを利用するのであればそのような前提は大きく崩れます。ラスターレイクは日本国内での取引を行うのではなく、海外で取引を行うことを前提としているのが大きな特徴なのです。

海外で取引を行うことにどのような魅力があるのかについて考えてみると、国によっては様々な税金等の諸経費を避けることができる場合があるということを知ることになります。このような仕組みを利用する結果、安く購入することができるという点に大きな魅力を感じる人が少なくありません。このような情報は口コミ情報として広く普及することになり、個人投資家にとってラスターレイクは魅力的なサービスを提供していると言うことが知られるようになりました。
その他にも一般的には利息も配当もつかない現物資産である金の取引であるにもかかわらず、手元に金を置くのではなくプライベートバンクでむようすることにより配当を得ることができるという仕組みも注目されています。このような運用によって配当による利益を得ることができるのがラスターレイクの特徴的な部分であると言えるでしょう。

2017年8月29日 (火)

FX取引で資産運用するときのコツ

資産運用と聞いて多くの人が思い浮かぶのが、株式投資や外貨投資、あるいは、不動産投資でしょう。一方で、FX取引は、ハイリスク、ハイリターンのイメージが強く、安定的な資産運用にはあまり適していないとお考えの方が多いです。しかし、資産運用とは、リターンの低い商品にばかり投資していればよいというものではなく、ハイリスクからローリスクまで、また、商品の特徴や取引対象が異なるさまざまな投資対象に分散して投資することも有効です。この観点からは、一般にはハイリスクとされるFX取引を、資産運用に採り入れることは、相場状況によってはありと言えます。

FX取引がハイリスク、ハイリターンと呼ばれる理由は、レバレッジ取引にあります。レバレッジをかけることで、差し入れた資金の何倍もの額の通貨量を一度に取引することができるのです。例えば、ドル円を1万通貨取引する場合、レバレッジが1倍なら100万円程度の資金が必要ですが、レバレッジを10倍に設定すれば、その10分の1、10万円で取引可能となるのです。

つまり、レバレッジを高くすることで大きなポジションを構築できるようになります。これは、小さなレート変動でも大きな利益を出せることを意味します。ただ、それは、想定通りにレートが動いた場合で、想定とは逆方向にレートが動けば大きな損失が発生します。差し入れている資金が少額のため、相場が急変したときには、損失によって差し入れた資金が全て吹っ飛んでしまうことも多いのです。

この特徴をよく頭に入れた上で、FXで資産運用を行う際の注意点としては、多くの資産を投入しすぎないことがまず一番です。多くのお金を差し入れたときに、それに応じて、高いレバレッジをかけて大きなポジションを構築してしまうことも多いため、差し入れる資金は少なめにすることが重要です。

また、FXでは、資金管理も重要。利益確定はこまめに行って、一度に多くのポジションを持ちすぎないことが大事です。さらに、ポジションを構築したら損切り注文を入れることも忘れずに。損切り注文を入れておくことで、相場が急変したときでも損失を最小限に抑えることができます。

2017年8月24日 (木)

FXで少ない資金で短期間に資産運用する方法とは

FXを活用すれば、証拠金を入金して最大25倍もの資金を利用して外為投資をすることができるという特徴があります。数万円の証拠金でも数十万円~100万円を超える取引が可能になるので、手軽に資産運用を始めることができます。通貨ペアによっては変動が激しい場合もあるので、短い期間でも利益を得ることが可能です。

FX投資にはいくつかの種類があり、中・長期的に利益を得る目的でスワップポイントを得るか、短期間で売買を繰り返して為替差益を得る方法もあります。スワップポイントを得る方法は外貨預金で利息を得るのとよく似ています。これに対して少ない資金で短期間のトレードで利益を得る方法として、スキャルピング取引と呼ばれる手法が存在します。
スキャルピングとは、数分程度の短い時間に売買を繰り返す方法で、1回あたりの取引で得られる利益はほんの僅かですが、これを何回も繰り返すことで利益を得る方法です。この方法を活用すれば、少ない証拠金でも資産運用して利益を得ることが可能です。スキャルピング取引を行う場合には、サーバーが安定したFX業者を選ぶ必要があります。要人の発言や経済指標の発表時には取引が増加して約定に時間がかかるので、為替変動が大きく変化する時は控える方が良いでしょう。スキャルピングでは僅かな利益を積み重ねるため、スワップポイントが低くてスプレッドが狭いFX業者の口座を選ぶようようにしましょう。

スキャルピングは集中力を必要としますが、為替が変動している限りいつでも参加することができます。普段の生活で空いた時間や、仕事をしている方であれば夜間や早朝、昼休みの空いた時間を有効に活用して投資に参加することができます。最近は携帯端末でも取引ができるFX業者が増えているので、外出先や移動中の時間を利用して手軽に資産運用をすることができます。スキャルピングは「運」ではなく本人の努力次第で利益を得ることができます。

2017年8月13日 (日)

株式で資産運用をする場合のさまざまな手法

株式で資産運用をする場合、さまざまな手法で資産運用をすることができます。基本的に株式は、売買益で利益を目指していきます。しかし、さまざまな手法を使うことで、資産運用の幅も広がります。

まず初心者でも行いやすい手法は、配当金や株主優待を目当てに銘柄選定を行うことです。株式を売買しなくても、保有しているだけで銘柄によって貰うことができます。また、株主優待には有名な企業も多いため、初心者でも購入しやすい銘柄が多くなっています。ある程度知名度があり、高配当銘柄や人気の株主優待の銘柄は、株価が下がりにくい傾向があります。株価が下がってくると、配当金や株主優待を目当に購入する人が多いからです。

中級者くらいが行う手法として、信用取引があります。信用取引は、株式や現金などを担保に、証券会社から資金や株式を借りて行う取引になります。資金などを借りて行うので、すぐに手元に資金がなくても取引をすることができます。また、銘柄を借りることができるので、株価が下がりそうなときには、売りから取引をすることができます。株価が上がるときでも、下がるときでも利益を期待することができます。しかし、決済までの期間が決まっているので、基本的に短期で売買を行う必要があります。そのためリスクも高くなり、初心者では難しかったりします。資金を借りて、1日に何度も売買をして、利益を目指していけるため、短期で利益を上げたい人にはいい手法になっています。

また、銘柄によって上場している市場に違いがあります。市場によっては、ベンチャー企業が上場できる市場もあり、リスクもありますが、大きくリターンを期待できる市場もあります。投資目的やスタンスによって、取引を行う市場を選んで銘柄選定をすることができます。

同じ投資といっても、さまざまな手法があるので、自分の投資スタンスや投資目的によって、投資手法を使い分けることもできます。さまざまな手法を知ることで、資産運用もしやすくなります。

2017年8月 7日 (月)

不動産投資で資産運用をしよう

マンションやビジネスビルなどを所有していて、その家賃収入で生計を立てていたりサイドビジネスとして収入を得ている人は意外と多いです。ある程度収入があると資産運用についても考えるようになりますが、金融商品で運用するよりも不動産投資を行う方がおすすめです。これらを比較してみるも、金融商品の場合も不動産投資でも手数料はかかるのですが、統計的には不動産の方がリスクは少ないです。

商品にもよりますが、不動産の方が価格暴落の可能性が低く、堅い資産運用をしたい人には向いています。金融商品の場合はハイリスクハイリターンのものも多く、サイドビジネスとして行うには少しリスクが高いかもしれません。もちろん、ほとんどリスクのない元本保証の商品もありますが現在の景気だと上がる要素はほとんどなく、運用というよりもほとんど金利のつかない銀行に預けているのと同じ、という状況になりがちです。さらに、手数料はどの金融商品でもかかるためその分がマイナスになってしまうこともあります。不動産投資の場合ももちろんリスクはつきものではありますが、不動産の方が傾向が読みやすいため、投資会社の担当からある程度の情報を得ておけば自らリスクを減らすことは可能です。何の物件を購入して運用するにしても、その投資会社が非常に重要で、厚いサポートを受けられるようなところを選びましょう。

会社によっては売ったら終わりというところもありますが、中にはいろんなサポートをしてくれるような会社もあります。営業はどこもかなりしつこくある傾向ですが、その中でも評判のいいところを選ぶことが利益を生み出す一歩につながります。予算に合わせた提案をしてくれて、購入後もきちんとサポートしてくれるかどうかをチェックしましょう。物件によってはサイドビジネスでちょっと収入を増やすだけのつもりがまとまった収入になることもあります。たくさんの情報収集をして、チャレンジしてみましょう。

2017年8月 2日 (水)

口コミで評判のラスターレイクの仕組み

金地金を取り扱う金融機関はたくさんありますが、その中でも近年注目を集めているのはラスターレイクと呼ばれる専門の業者です。実際に利用している人からの口コミ情報が評判を呼ぶ形で多くの人が利用するようになってきています。その最大の特徴と言えるのは日本国内の一般的な相場よりも8%程度安い価格で購入することができるという仕組みを提供している点にあるといえます。

この仕組みはラスターレイクの取引が海外で行われていると予定に大きく関係しています。金地金の取引を行う場合、それが日本国内の場合には様々な税金がかかってくるという仕組みになっています。しかしラスターレイクが採用しているように海外で取引をして日本国内に持ち込まないと言う方法を採用する場合には税金の影響から逃れることができます。この仕組みを上手に活用することにより日本国内の相場よりも安い価格で購入することができるのです。この仕組みは口コミを通じて広く知られるようになりました。

現物資産である金地金はそれ自体に価値があるとされる金属としての金を保有することに意味があるといえますが、ラスターレイクを利用する場合には現物は海外に置いたままにすることになります。そのかわり様々な恩恵を受けることができるのです。最終的には売却をすることで利益を生み出さなければなりませんので、手元に現物を置くことにこだわらないのであれば十分に魅力的な選択肢となるでしょう。実際に利用した場合どのような感じになるのかについては豊富な口コミ情報を参考にするのが良いでしょう。実際に取引をして初めて感じる内容についての情報もありますので、口コミ情報を参考にするのは賢い方法であるといえます。

海外で取引をする際に心配になるのは業者とのコミュニケーションが上手にとれるのかどうかです。しかしラスターレイクでは日本人スタッフによる日本語でのサポートが充実していると言うメリットがあります。そのため言葉の壁を心配することなく取引をすることができると言うメリットがあります。

2017年7月27日 (木)

不動産投資で資産運用を始めよう

マンションや一軒家を購入して、その家賃収入で日々の収入をまかなっている人はあまりいませんが、副収入として得ている人は意外とたくさんいます。

よく勧誘の電話などでもマンションを買って資産運用しませんか、というものがありますがああいった勧誘が過度なものでなく不動産投資に適した物件ばかりを取り扱う会社が存在するのでそこで予算に応じて購入するのがおすすめです。勧誘にばかり力を入れているところはいわゆる広告宣伝費にばかり注力していて物件そのものも値段が高いことが多いのでおすすめしません。資産運用はいろんな方法があり、不動産でなくても株などの商品や保険、証券など選択肢は山のようにあります。

不動産投資の場合は早ければすぐに家賃収入を得られるようになり、多少メンテナンスなどに費用がかかることはあるものの利益は出しやすいです。証券や株などは値下がりをするとそこから復活する確率は低めですが、不動産投資の場合は地価は一度下がってもまた上がることがあるので長期的な運用の場合には適しています。また、いわゆる大家さんのするお仕事が自分の本業でできない場合には代わりにやってくれる業者はいくらでもあるので安心です。清掃や家賃の管理、契約業務など普段はそこまでやることはありませんが引っ越しのシーズンになるとちょっと忙しくなるものです。相手側としても個人から借りるよりも民間の会社から借りる方が安心感があるという人が多いので、副収入として資産運用する場合には間に管理会社を入れるのがおすすめです。

投資用の物件で得る収入は自分宛の名義にしなければ年末調整で引っかかることもないので、奥さんや子供の名義にして受け取っている人も多いです。この辺りは節税のテクニックになりますが、違法にならない程度に自分でしっかり調べて損をしないようにしましょう。投資用の物件の購入、運用は知識がなくても簡単にチャレンジしやすい資産運用の1つです。

2017年7月21日 (金)

FXで行う資産運用の方法とは

FXで資産運用を行うのであれば、チャートの読み方を知っておく必要があります。まず高値や安値を結んだトレンドラインを引くことから始めます。このトレンドラインが上向きであれば上昇局面と言えますし、逆に下向きならば下落局面というわけです。

FX取引は売りポジションを取ることもできるので、下落相場でも利益を出すことができます。資産運用はリスクを抑えて行うことが大切なので、相場がどのように動いても対応できるようにしておくことが大事です。トレンドラインが横向きであれば、投資家が相場観がつかめずにいる状態であることを示しています。この場合には高値を結んだ抵抗線と、安値を結んだ支持線の間を価格が動くことになります。その状態が続くようであれば取引は簡単です。抵抗線にぶつかった時点で売り注文を出し、支持線にぶつかれば買い注文を出すわけです。けれどもそのトレンドラインを割り込むことになれば、相場は大きく動くことになります。支持線を割り込めば大きく下落する可能性が高いので、買いポジションはすぐに損切りすることが大切です。そして売りポジションに切り替えることになります。このような売買の技術を高めることによって、リスクは抑えることができますし利益も生み出せるようになっていきます。

チャートは参加する投資家の意志を反映しているので、過去の動きを繰り返すことになります。そのためにある程度は動きの予測ができますし売買の指針になるわけです。もちろん常に同じ動きをするわけではありませんし、突発的なニュースにも影響されます。そこでポジションを取ったならば必ず損切りのための注文も出しておく必要があります。また時に大きく価格が動くことによって利益も大きくなることがありますが、利益は細かく積み上げるようにすることが大切です。特にレバレッジを大きくかけると損失も相当な額になるので注意が必要となります。このような点に注意して運用することが大事です。

«FXで資産運用を始めるならセミナーには参加すべきか