2017年10月23日 (月)

FXで失敗しないためのポイント

FXで失敗しないポイントとして、通貨に合わせてレバレッジを調整することが重要です。少ない資金で高額の取引が行える仕組みですが、倍率を高くした場合には利益が大きくなるのと同様の損失も大きくなる特徴があります。また、口座に預けている資金を超える損失が出ないようにするための仕組みにロスカットがあり、損失が大きくなったときに強制的に決済します。本来は安全に取引できるようにするための仕組みですが、投資会社などが大規模な売買の注文を仕掛けて短期的に急激な相場の変更が起き、その後にほぼ同じ相場に戻るようなときに悪影響が出ます。変化の前後では相場にほぼ変化がなくても一時的な変動の際にレバレッジを高くしていると損失が膨らんでロスカットが働いて損失が確定してしまうことがあります。急激な変動が起きやすい通貨があるため、それを使って取引する際はレバレッジを低くすることでこの危険性を回避できます。

FXでデイトレードを行う場合にはポジションを保持したまま日を跨がないようにすると安全です。損失が確定するのを恐れて持ち越してしまう人も少なくありません。しかし、FXは土日を除いて24時間市場が動いているため、睡眠時などの相場を監視できないタイミングで大きな変動が起きることがあるため、ポジションを持ったまま放置しない方が良いです。

利息を積み重ねる長期保有を行う場合は損失が出ても決済をせずにポジションを持ち続けることが原則とされていますが、これも柔軟に対処する必要があります。多少の損失であれば利息によってカバーすることができますが、相場の下落が激しく、それが継続する気配があるときにポジションを持ち続けるのは損失の拡大を放置することになります。ロスカットが起きないように資金を追加するとさらに損失を拡大させることになります。このような場合には一旦損切りを行い、相場が落ち着いてからポジションを持ち直した方が利益が出ます。

2017年10月17日 (火)

株式投資は積極的に売買を

株式投資をする人の中には勝った後はそのまま放っておいて、配当や株主優待をもらうことを目当てにしている人も多いものです。
投資のやり方として間違ってはいませんし、下手にあれこれ動くよりも放っておいたほうが確実にインカムゲインが手に入るわけですから、投資の手法としては悪いものではありません。
しかし、株式投資というのは株価の値上がりでも利益が出るわけですから、長期保有が目的だったとしてもタイミングによっては積極的に売買をしてみるというのも良いでしょう。

いくら長期保有を目当てとしても、短期的に大きく急騰をした銘柄というのは調整に入りますから、せっかく安いところで購入をしていたのであれば、値上がり益をみすみす捨ててしまうようなやり方は損だといえます。
大きく値上がりをした場合には、配当や優待の何年分ものリターンになって戻ってくるわけですから、一度利食いをするというのは悪いものではないのです。
その後更に上がり続けて買い直すチャンスを失ってしまうというのが怖いのであれば様子見をするしかありませんが、明らかに過熱感があり期待が先行して株価上がっている時には一度売ってしまうという手があります。

次に下落の局面も同様に、長期保有だからと多少株価が下がるのは気にしないと考える人は少なくありませんが、安く買い直すことができたらそれに越したことはありませんから、情勢不安になったときには一度手仕舞いをするということも考える必要があります。
何十年でも待つことができると言っても、含み損でずっとマイナスの状態が続くのは精神衛生上よろしくありませんし、配当も優待もなくなってしまって無駄にお金を遊ばせるということにもなりかねません。
下がるかどうかの確信がないときにはやはり様子見しかありませんが、世界情勢が悪くなり先行き不安が出てきたというときには、一旦手仕舞いをして買い直すチャンスを狙ってみるというのも一つの手となります。

2017年10月12日 (木)

ラスターレイクの良さを知り利用しよう

いろんな投資関連会社がありますが、ラスターレイクもそのひとつになっています。今後の生活が不安でだからこそ少しでも貯蓄したいことから投資に手を出す人がいますが、そこにギャンブル性が存在してはいけません。投資と投機は明らかに違うことを知っておきましょう。投機はギャンブルになりますので、なんとしてでも避けなければいけません。今後の生活が不安と感じる人こそ、ある一定の条件によって収益を出すことができる投資を行うようにしてください。

ただし投資もいろいろと種類があります。分散型の投資がリスクを軽減されることから注目を集めていますが、投資信託はマイナスになる要素も多く、株は見極めをするのが難しく、そして銀行にお金を預けても金利が低いことから、資産運用には向いていません。このような事実をしっかりと認識して、資産運用を行うべきです。そこで参考にしてほしいのが、ラスターレイクの口コミになります。

金地金といったゴールドバーを使った投資を得意としているのがラスターレイクになりますが、口コミからわかるのは他とは少し違ったシステムで行っていることです。本来であれば金地金を購入し、それが高くなったときに売ることによって利益を出しますが、こちらのシステムは異なります。売買に一切関与しなくて良いことになっていますので、投資が初めての方であっても参加しやすくなるでしょう。毎月生まれた配当金を分配されることによって、収益を回収することができます。

金地金を手にすることができないことで不安を感じる人もいるでしょうが、そこも安心してください。ラスターレイクの口コミからわかるのは、いままで事故が起きたことがない事実です。海外のプライベートバンクでしっかり管理されていますので、盗難に遭うようなこともあります。事実手元に持っている方が盗難に遭う可能性が高くなりますので、そうみると合理的な管理方法になることがわかるでしょう。いろいろとメリットが大きいのがラスターレイクです。

2017年10月 7日 (土)

リスクが小さいほうが良いなら不動産投資

少しでも資産を増やしたいと思いませんか。銀行にお金を預けてもあまり金利が高くはないために、あまりお金を増やすことはできません。だから投資を始める人が多いのかもしれません。中でも不動産投資はリスクが小さい方ですから始めやすいでしょう。

不動産を購入してそれを貸し出すことで利益が得られます。マンションを一棟買って運用する人もいれば、戸建てを買って貸している人もいます。すでに不動産を購入していますから、何も残らないという事態にはなりません。必ず最後には不動産が残ります。

あまりにもリスクが高いから投資は控えていた人でも、マンションや戸建てなどの不動産が手元に必ず残るので、不動産投資を始める人は決して少なくはありません。ただし、まったくリスクがないわけではありませんから、よく考えてから不動産を購入しないと危険です。

立地が良いマンションや戸建てであれば、それだけでとても魅力的ですから借りたいと思う人は多いでしょう。しかし、単に立地が良いだけで生活しやすいマンションや戸建てでなければ意外と借り手が見つからないこともあります。どの不動産を購入すれば良いのかは素人が簡単に判断できるようなことではないでしょう。

不動産投資の会社がありますから、信頼できるパートナーをまずは選んでください。どこの会社をパートナーとして選ぶのかによっても利益がどれだけ得られるかに違いが出ます。安心できるパートナーかどうかを考えるためにも、複数の会社を比較しましょう。資料請求して不動産投資の中身を吟味するだけではなく、担当者の態度なども含めて判断してください。

投資であることには変わりありませんから、リスクが付きまとうと思ってチャレンジしましょう。この気持ちを持っていれば常に冷静に物事を判断できるからです。入居者の募集は大変ですが、それを得意とする会社もありますのでじっくりと考えて見極めた上でパートナーの会社を選べば良い結果が得られるでしょう。

2017年10月 3日 (火)

FXでクロス円取引をする場合の注意点

FXで投資をするということは、USドル円といった通貨ペアでレバレッジを掛けて通貨を売買して差金決済して利益を出すということになりますが、このときに通貨ペアについては、USドル円のほかにユーロ円やオーストラリアドル円などのクロス円と呼ばれる通貨ペアがあります。このクロス円に投資する際にはドル円やユーロドルなどのドルストレートといわれる通貨ペアのようにドル円であれば日本の中央銀行の通貨供給量とアメリカの中央銀行の通貨供給量の方向性などをみて日本が緩和、アメリカが引き締めだと相対的にドル高になるといった考え方だけではなく少し複雑な分析が必要です。

まず、FX取引においてクロス円という相場は実は存在していないものが多数です。例えばユーロ円で考えますと、ユーロドルが1.2というレートだとして、ドル円が100円というレートと仮定します。分数で表示すると通貨ペアはユーロ/ドルでドル/円です。これをユーロ/円にもっていこうとすると円をドルに交換し、そのドルをユーロに交換するというプロセスをたどるのです。ですので計算上はユーロ/ドル×ドル/円という計算式になり、ユーロ円の価格は120円といった数値が算出されるのです。このようなクロス円の構造からすると、ドルと円の強さの問題とユーロとドルの強さの問題という2つの問題で相場の方向性が変わってきます。ドルと円でドルは引き締め、円は緩和とするとドル円は円安に向かいます。このような場合にユーロがドルより引き締め路線だとするとドルよりユーロの方が強くなるので結果としてユーロ円は円安に強く振れるということになります。例えば先ほどの例でドル円が100円でユーロドルが1.4となる場合にはユーロ円が140円という円安に振れるというイメージです。しかし、ユーロがドルに対して緩和路線だとすると、ユーロドルは下がります。とすると、ドル円の変動幅とユーロドルの変動幅により円高に行くのか円安にいくのかが決まってくることになります。このような場合はどちらの変動幅が大きくなるかという分析を加えて投資する必要があります。

2017年9月28日 (木)

FX投資で少ない資金で利益を得る方法とは

最近はインターネットで手軽に取引ができる外貨FX(証拠金取引)が人気を集めています。証拠金取引では少ない資金で多額の外貨を取引することができることが最大の魅力です。FXで利益を得る方法は、為替レートの変動によって利ざやを得る方法と、中長期で高金利の新興国塚を保有することでスワップポイントを得る方法があります。日本のFX業者を利用する際には、為替レートの差で利益が得られやすいようにするために売値と買値の差(スプレッド)が狭い口座か、スプレッドが広めでもスワップポイントが高い口座の2通りのパターンが存在しています。このため、自分の投資スタイルに合ったタイプの口座を選ぶ必要があります。

為替レートの差で利ざやを得る場合には、スプレッドが狭く設定されている業者を選択した方が有利です。為替レートの差を利用して利益を得る場合でも、基本的に投資資金は多い方が有利です。ところが最近、少ない資金で為替レートの変動で利益を得る方法として、短期間で売買を繰り返すスキャルピング取引と呼ばれる手法が人気を集めています。スキャルピング取引とは、数十秒~10分程度の短い期間で何回も取引を行う手法です。1回あたりに得られる利益は少額ですが、取引回数を増やすことができます。これは少ない利益を積み上げることで、大きな利益を得ます。中長期的にポジションを保有する場合は、将来の為替レートを予想するために情報収集をしなければなりません。これに対して短期的な為替レートの変動を利用するスキャルピング取引では、経済や金融についての知識がなくても集中力があれば、努力次第で利益を得ることが可能です。証拠金が少ない場合には1回あたりの取引で得られる利益が少ないのですが、取引回数を重ねることで大きな利益を得ることができます。

スキャルピング取引を行うと、FX業者のサーバーに大きな負担がかかります。このため、スキャルピングを行う場合にはしっかりしたサーバーを備えている業者を選ぶ必要があります。海外のFX業者であればスキャルピング取引を禁止しているケースがありますが、日本国内の業者では認められています。そのため、スキャルピング取引を行う場合には、日本国内の業者でスプレッドが狭く設定されている口座を選ぶようにしましょう。

2017年9月23日 (土)

株式を所持していると起きるイベント

いくつかの会社の株式を長期間所持していると、何かしらのイベントが発生することがあります。

会社が吸収合併をする場合は、収集される側の株式を所持していると何らかの案内が来るようになります。

100株所持していれば、多くの場合は100株未満の株数に減少します。これは吸収先の株価との調整が入るからです。

株取引の多くは100株単位です。取引単位未満の株式は売却することになります。売却するタイミングは株主にゆだねられているので、吸収先の会社の株価が上がったタイミングで売却すると良いでしょう。強制的に売却されるパターンもありますので、注意が必要です。

たまに目にするのは公開買付けです。文字を見る感じでは、たくさんの人に買ってもらうイメージもありますが、実際は異なるものになります。知っておかないと大損する可能性もあるものです。

公開買付けは簡単に言うと、一つの会社の株を多く買い集め、その会社の支配をしようとしている時に使われる手法です。友好的なものと敵対的なものが存在します。

流れとしては、現在の株価よりも少し高い金額設定で、株の売却を株主に促します。その金額なら売却して良いという株主は売りに入ります。その売られた株をすべて買い集めていく方法です。

中には売却しない株主も存在します。購入株価よりも低い金額で設定されている場合や、公開買付けは証券会社が指定されているので、新たな口座を開いてまで売却しなくて良い、と考える株主もいます。

公開買付け実施期間も、市場での株式売買は可能です。市場価格は公開買付け金額の少し低い金額まで調整が入ります。その数円を設けに変えようとする株主も存在します。
もし、所持している株が公開買い付けになり、指定証券口座を持っていない場合は、指定金額の1円低い価格で市場で売却することをお勧めします。

売却せずに所持し続けると、最悪金額が半額で強制売却させられる可能性があるので要注意です。

2017年9月17日 (日)

口コミでも初めての投資にラスターレイクはおすすめ

初めて投資に参加することを検討しているときは、なにから始めれば良いのか?わからないことも多いでしょう。口コミなどで調べてみると、FXなどが候補にあがることが多いですが、そのような手段を用いるともはや投資ではなく、ギャンブルである投機になってしまうこともあります。だからこそ、なるたけリスクが少なく、堅実に収益を出す方法を検討することをおすすめします。そのひとつの候補にあげられるのが、金地金を使ってラスターレイクで投資をすることです。

金地金といえばゴールドバーになりますが、とても経済状況に強いことで知られています。どんなに不況が訪れてもなかなか値崩れを起こさないことから、硬い投資を行いたい人のよく購入されている銘柄です。ただその場合、売却をすることによって収益を出すことになりますので、特に投資を初めてする人にとってはハードルが高く感じることもあるでしょう。そんなときにこそ、ラスターレイクは大きな力になってくれます。

ラスターレイクを利用するメリットは、購入をすれば、あとはそのまま任せておくだけで良いことです。配当金を毎月得ることができ、売買などする必要はありません。ただ購入して配当金を待つだけで構いません。ただしひとつ注意してほしいのは、手元に金地金があるわけではないことです。購入したはずの金地金は、その国で保管されています。その配当金を得るシステムではありませんので、自分で所有をするわけではないことを理解しましょう。

これをデメリットと感じる人もいるはずです。しかしこれこそメリットになります。その国で保管することにこそ、メリットが生じています。その理由として、輸送などの諸費用が掛からない、また日本独自の消費税の影響を受けることがないことから、とても安く購入できるメリットが生まれます。高い金地金だからこそ、このメリットと考えることができるはずです。初めて投資をする人にこそ、おすすめな方法になっています。

2017年9月16日 (土)

不動産投資は外部要因に左右されにくい良質な資産運用法

多くの資産運用の方法では、金融や経済の状況に値動きが左右されてしまい、長期的な利益を確定することが困難です。しかし、不動産投資は、経営や集客などのビジネススキルが必要ですが、いったん軌道に乗ると、長期的な利益を獲得することが容易です。

不動産投資で資産運用をするためには、オフィスビルや集合住宅がよく使用されます。これらの不動産で利益を獲得するためには、テナントや入居者を集める必要があります。不動産の空室率を下げるためには、集客や広告の技術を有すため、簡単ではありません。管理会社に、不動産に関係する業務を任せる方法もありますが、その場合でも、良質な管理会社を選定するスキルが要ります。このように、不動産投資で成功するためには、他の投資法とは違い、一定のビジネススキルを身につける必要があります。

しかし、ビジネススキルを有していれば、不動産を有効活用し、長期的な利益を獲得することができます。空室率が下がれば、継続的に家賃収入を手に入れることが可能です。また、不動産投資では、特定の物件で成功した経験を、他の不動産にも応用することができます。そのため、複数の不動産を所有し、多数の入居者やテナントから、家賃収入を得ることが容易です。物件を購入するためには、大きな予算が必要ですが、金融機関から借り入れることは、あまり難しくはありません。

他の資産運用の方法としては、株式やFX、仮想通貨などがあります。しかし、これらの投資方法は、ビジネススキルを身につけていたとしても、経済や金融の事情により、大きく値下がりすることがあります。それに対して不動産投資は、外部要因に左右されにくい、優れた資産運用法です。また、株式や仮想通貨に関しては、値下がりを続けると、資産価値がなくなってしまうこともあります。しかし、不動産では資産価値がゼロになることはなく、利益が確定しない場合、売却して現金に変えることが容易です。

2017年9月12日 (火)

FXで資産運用をする時に気をつけること

会社を退職した後も働いて収入を得たいと思っている人も多いですが、なかなか思うような就職先が見つからないという人も多いです。そんな時は無理に働こうとせず、自分で頑張って貯めたお金で資産運用するといいでしょう。今はいろんな方法がありますが、無理をしない範囲で確実に資産を増やす方法を見つけることが大事です。

初心者の場合はいきなり専門知識が必要な株式投資をおこなっても、経験がないので損をしてしまうことが多いです。経験を積んで儲かるようになった時には、大事な資産をかなり失っていることも多いので気をつけなければいけません。

初心者でも比較的簡単な資産運用というとFXがあります。専門知識がなくても比較的簡単に儲けをだせるので初心者にはとても人気です。

FXとは簡単に言うと通貨を売買した時に発生する差額で利益をだす取引のことで、為替相場の値動きで儲けが出ることもあれば損をすることもあります。レバレッジをかければ、何倍ものお金を運用できるので資金が少ない人でも大きく儲けることが可能です。ただしレバレッジを利用すると大きく儲けることができる代わりに、大きな損失を出すこともあるので、レバレッジの使い方には注意が必要です。

FXのメリットは外貨預金に比べて手数料がとても安いことです。頻繁に取引をする人は手数料が安いと余計な費用を払わなくていいのでとても助かります。他にもメリットとしてはすスワップポイントを毎日受け取ることができることです。スワップポイントとは、通貨間の金利差を利用して利益をあげることができるもので、外貨預金の利息のようなものです。スワップポイントを安定してもらえれば効果的な資産運用がおこなえます。ただし急激な為替変動が起きた場合は、ロストカットが追い付かず取返しのつかない損失を被ることもあります。普段から為替の動きに注目し、急激な為替変動にも対対応できるようにしておくことが大事です。FXは株式投資と違い24時間いつでも取引ができるので、昼間は忙しい人でも夜中に取引をすることも可能です。

«ハイリスク、ハイリターンのFXで資産運用を図る