2018年1月24日 (水)

不動産投資の人気が続く理由について

不動産投資は、2000年より前から人気の投資でした。2000年以降になればネット証券が盛んになってきて株式投資などにいく人もかなり増えたかと思います。ただ、これによって投資という観念が多くの人に広まったおかげで不動産投資がさらに人気になったともいえるでしょう。実際に、銀行の融資は今まで以上に不動産へ行われているらしいです。

では、この不動産投資はなぜここまで皆に人気があるのでしょうか。不動産への投資となるともっとも皆がやっているのは自宅の購入でしょう。自宅の購入も不動産への投資の一つと言えます。不動産を購入するか賃貸にするかになりますが、それの比較をほとんどの人をすることになります。

そこで、購入することで、実質的には不動産への投資を行っていることになるでしょう。その時に皆が家を買いたくなり理由は、単純に金銭面だけではないことが多いでしょう。実際に自分のものにしたいと思う気持ちがこの不動産投資を皆がやりたくなる最大の理由といえるでしょう。

自宅であれば、その気持ちはかなり強くなりますが、賃貸であっても大きな建物ができることは皆がうれしくなり理由の一つでしょう。そして、次の理由としては、皆が不動産への投資をして成功してることも上げられます。

実際に、日本では過去多くの利益を上げてきた企業がその利益を元に不動産投資を行って大きな成功を収めています。東証に上場している企業でも、不動産の利益が本業の投資よりも利益が大きい企業も多く存在しています。

また、上場している企業でなくても寂れた商店街がつぶれない理由も、不動産への投資が成功しているのが大きな理由になっている場合もあります。このように、様々な視点から過去の不動産への投資は成功例がたくさん存在しております。これが、多くの人が不動産への投資を積極的になっていく理由の一つでしょう。今後も、まだまだ不動産への投資をしたい人は増えていくことが想定されます。

2018年1月20日 (土)

不動産投資は節税にも向いている

不動産投資は、単純な投資としての利益だけを求めるわけではなく節税にも向いているというメリットがあります。何故節税にも向いていると言えるのでしょうか。それは、課税所得に対して控除の規定が存在するからです。税金を納めるときには、課税所得によって税金を支払わなくてはいけません。

課税所得は、所得税の対象となる所得のことを意味します。普通、働いているときには会社から色々な控除を受けることができるので、そのまま手取りでお金を受け取るわけではありません。例えば、厚生年金分のお金が引き抜かれていたり、健康保険分のお金も抜かれていることが大半です。

一般の人は、会社に属して働いている限りはこうした天引きが存在しますので年収が400万円あるとは言っても実質的に手取りでそれだけのお金を受け取っているわけではないわけです。そのため、実際に税金をかける場合にはこれらの天引き分の費用を控除して計算しなくてはいけません。これが課税所得と呼ばれるものです。

不動産投資では、確かに投資を行うことによって利益を得ることができるのですが、投資をした結果必ずしも利益だけが生じるわけではありません。課税所得を考えた場合、不動産投資でマイナスが出てしまった場合にはそのマイナス分を考慮してもらわないと、不動産投資で生じたお金が税金に組み込まれてしまうことになってしまいます。

そこで、不動産投資の場合は不動産所得で赤字になった場合に課税所得を減らすことができる処置ができるようになっているのです。不動産で万が一にもマイナスが生じてしまった場合でも、課税所得を減らすことができるため実質的な損失を無くすことができます。

これは、確定申告を行ったときに還付金という手法で手元に返ってきますので、文字通り節税に繋がるわけです。普通に資産を保有している場合にはこうした節税は存在しませんので、こうした手法は資産運用をしたい人にとっては非常に有効だといえるでしょう。

2018年1月16日 (火)

ラスターレイクは投資初心者に優しい会社

初めて投資をしようとしている人もいるでしょう。デフレから脱却しインフレへと移り変わっていることから、お金が価値が少なくなります。今だからこそ投資を検討するべきですが、ただいろんな方法があることで悩んでしまうでしょう。

だからといって評判が良い投資に飛びつくのだけはやめてください。FXやバイナリーオプションなどは初心者でも行いやすいですが、ただリスクはとても高くなります。利益を出せる可能性は高くなっていますが、その分損失は大きくなる可能性が高いですので十分気を付けなければいけません。どんな投資でも良いわけではないことを知りましょう。

そんなときにおすすめできるのがラスターレイクで金地金を使った投資です。聞き慣れない言葉のように感じるでしょうが、金地金はゴールドバーになります。そうみると高いように感じるでしょうが、不動産投資を検討しているような過剰資金を持っている人であれば十分手に届く金額です。

なぜ金地金が投資に向いているのかも知るようにしましょう。リスクヘッジがとても優れており、損失を出しにくいことで知られています。価値が落ちることが少ないのも大きなメリットになっていますので、投資をするならうってつけです。特に初めての方こそ、ラスターレイクを使うことと良いでしょう。

この会社を使うメリットは、初心者に優しい点が多いことです。よくわからない取引に関しても、十分サポートをしてくれますので、初めての方であっても安心することができます。いろいろと勉強することが多いのも投資ですが、そのようなことは極端に少なくなりますので、おすすめの方法になるでしょう。

またラスターレイクを使って金地金を取り扱う大きな理由があることも知っておきましょう。とても安く購入することができることです。日本では消費税がかかることから高くなりますが、ラスターレイクは課税されない国で求めていますので、安く買うことができます。

2018年1月12日 (金)

ポジションサイズを維持するFXトレード

FXトレードで大事なことは自己資金に対して適正なポジションサイズを維持することです。適正なポジションサイズとは、仮に損失となったときにも自己資金の全てを失うようなことのないようにコントロールされたものです。

ポジションサイズを適正に維持することは簡単なように見えますが、それを継続していくことはとても難しいことです。特に勝ちトレードが続いているときほど注意が必要です。
なぜならば、勝ちトレードが続いているともっと大きな利益を狙いたくなります。大きな利益を狙う方法のひとつがポジションサイズを大きくすることです。運用するお金を大きくすると利益幅も大きくなります。

しかしながら、勝ちトレードが続いているということは負けることがないということにはつながりません。FXトレードにおいてずっと勝ち続けるということは難しいことで、勝率に差はあったとしても、必ず負けトレードを経験するものです。

そしていつ負けトレードが訪れるかは誰もわかりません。そのため、勝ち続けているからと言ってポジションサイズを大きくすると、そのポジションサイズを大きくしたトレードで負ける可能性もあるということです。場合によってはこれまでのトレードで積み上げてきた利益を一気に失う可能性もあります。

そのため、勝ち続けているからといって、むやみにポジションサイズを大きくする必要はないと言えます。ポジションサイズを大きくするのであれば、自己資金を増やすことができて、損失が大きくなることを許容できる場合のみです。

また、ポジションサイズを大きくしてトレードすると心理的な余裕がなくなる可能性があります。これまでのトレードよりも動く金額が大きくなるので、こまめに保有するポジションをチェックして、少しの値動きでも過敏に反応してしまう可能性があります。それまでの勝ちトレードで築いてきた自分なりのトレードルールを失う可能性もあります。だから焦らずにポジションサイズをそのままにすることが大事です。

2018年1月 8日 (月)

FXで収益を確保するための資金管理とは

FXで収益を確保する為には、資金管理に関する知識は必須です。まずは資金を守る必要があります。FXの醍醐味はトレードで収益を上げる事です。しかし、攻撃だけではお金は増えていきません。守りをしっかり固めた上で攻撃すれば、大きな城も容易に攻略出来たりします。

防御がおろそかであると、FXでは厚みのある攻撃が出来なくなります。逆であれば、大きなチャンスの時にレバレッジを使って、一度に大きな利益を獲得出来ます。つまり、大きなチャンスがやってくるまで、トレード資金を守っておく必要があるのです。

ではFXの資金管理についてです。資金に対して、通常時1トレードで取って良いリスクは最大で5%までです。資金100万円であれば、最大で5万円までの損失までなら問題無いという意味です。具体例をあげると、1万通貨単位のポジションでトレードした場合、ストップは500pipsまでおくことができます。5円の幅まで損失を許容できるという意味です。5万通貨単位であれば、ストップは100pipsまでとなります。

許容できるリスクを5%にした理由は、取り戻しが容易なパーセンテージだからです。損失が出ても次のトレードに支障をきたす事無く、同じ心理状態で淡々とトレードできる金額だからです。FXでトレードを継続して続けていく事で経験値を積み、知識を増やし、その上で収益を確保する為にはこれくらいの厳しい資金管理が必要となります。ヘッジファンドや機関投資家はもっとリスクを落としています。1トレードで1%から3%までと言われています。驚く事ですが個人のトレーダーはリスクを取りすぎる人が多いのです。

国内の中央銀行が秋に突発的に緩和を行った事があります。ファンドや機関投資家は慌ててショートポジションを解消しドル円は大相場です。一方的な上昇です。大きなリスクを取っても良いのは、このような相場環境の時です。資金の10%から場合によっては30%をロングポジションにし、放置するだけで大きな利益が獲得できます。レバレッジを効かせる時とは、このような時なのです。

資金管理を学びましょう。そして上手に損失を抑えて収益を確保していきましょう。

2018年1月 4日 (木)

オンライン証券と普通の証券会社の株式の違い

これから投資家としてデビューを目指そうとしている人にとって魅力的に感じられるのはオンライン証券であると言えるでしょう。インターネット上ですべての取引を行うことができると言う点は非常に魅力的であり、忙しいサラリーマンや主婦にも適している仕組みを提供してくれています。しかしながらこのようなオンライン証券が登場するまでは証券会社が主に投資のためのサービスを取扱う会社として活動していました。これらの違いについてよくわからないと感じている人も多いのです。

結論から言ってしまえばオンライン証券も証券会社の1つです。活動形態がインターネット上のサービスに注力していると言う違いであると言えるでしょう。昔から活動している伝統的な証券会社がオンライン部門を新たに立ち上げているケースもあり、それほど違いを気にする必要はありません。これから活動しようと考えている個人投資家であればインターネットで取引をすることができるサービスの中から選択するようにすればよいのです。

株式投資をしたいと考えているのであれば、基本的にはどのような証券会社であっても問題はありません。従来型の証券会社の活動が営業担当者がついて細やかなアドバイスに基づいてサポートするのに対し、オンライン証券はセルフサービスに近い状態にあるというのが特徴となっています。前者は手数料も高く負担が大きいですが、後者の場合には安い手数料で取引をすることができますので個人投資家に向いている仕組みであると言えるでしょう。そのかわり細やかなアドバイスなどを受けることができませんので、取引については自己責任であると言う色彩が強く出ています。

どちらが良いのかと言う点については株式投資に関わるスタンスであると言えるでしょう。多くの場合個人投資家として活動するのであれば株式投資のために必要な要素が全て揃っているオンライン証券で問題ありません。必要な知識については自分で学ぶ姿勢が必要になりますが、取引を繰り返す中で自然に身に付いていくものであると言う性質もあります。

2017年12月29日 (金)

株式投資で資産運用! 儲けの仕組みを理解する!

これから株式投資による資産運用を考える人で、投資による損失の懸念を持つ人は多いでしょう。
とは言え、投資運用にリスクは付きものです。
投資の損失よりも利益が上回れば、投資運用はうまく行きます。
長期で投資運用をしていると、うまく行くことばかりではありません。
儲かることもあるでしょうが損をすることもあります。

近年、ネット環境からの投資が増え、損失を招く投資家が増えたのも確かです。
株式投資は従来、富裕層が投資に回せる余裕資金で取り組み、投資先からの配当や企業の成長を期待したものです。
しかし、2000年以降、ネット環境の拡充によりネットトレードが主流となり、そこに追い打ちをかけるようにネット証券の市場参入が一般投資家の数を増やしたことは確かでしょう。
2000年以降株式市場は、インターネットというツールにより、新たな投資家を巻き込むことに成功しました。

市場に資金が注がれることで、相場は活発となります。
市場に投じられる資金を獲得するために、個々の投資家が利益を得るために必死になるのです。
市場から利益を獲得するために投資家は難しい投資判断に迫られます。
複雑かつ高い分析力で判断しても、相場は逆を行くこともあります。
証券マンや専門家でも投資を先読みすることは難しいと言われており、一般投資家であればなおさらでしょう。
市場に参加する投資家の観点が個々に違うので、相場を先読みしてもその通りに行かないというのが現実なのです。

株主優待を目的にする主婦もいれば、配当性向を重視する人もおり、安定株に投資することがリスク回避と考える人もいれば、業績や財務に関係なく短期で売り抜けるのがリスク回避と考えるなど、多種多様な取り組み方があります。
一つ言えることは、株の利益と損失確定は売り注文に出して、約定しなければ含み益と含み損にすぎません。

含み損が出ていても配当が損失の穴埋めとなることもあります。
株式投資で利益を出す仕組みを十分に理解し、投資方法を定めれば利益を出すことは難しくないです。
くれぐれも、投資熱を高め過ぎぬように余裕のある範囲での投資に取り組むことです。

2017年12月26日 (火)

魅力的なサービスを提供しているラスターレイク

金地金の購入をしたいと考えているのであればラスターレイクを考えるのがお勧めです。海外の業者ですので知らない人も少なくありませんが、日本人にとってはかなり魅力的なプランを提案してくれています。大々的に宣伝されているわけではありませんのでまだまだ口コミ情報として広がりを見せている段階ですが、かなり魅力的なプランがありますので調べて見るだけの価値があります。

そんなラスターレイクの魅力として注目すべき点は大きく分けて2つあります。1つは日本国内の業者で購入するよりも8%程度安い価格で金を購入することができるという特徴です。限られた資金で運用すると言うことになりますので、安く購入することができると言う点はそれだけで大きなメリットになります。これは消費税の影響を考えずに取引をすることができるという海外での取引ならではの特徴です。

もう一つ注目されているのが購入した金を手元に置くのではなくプライベートバンクで運用する仕組みを提供していると言う点です。
このことにより定期的に収入を得ることができるのが大きなメリットであると口コミで評判になっています。通常金は持っているだけでは富を生み出しません。その点が投資家にとってはマイナス要因になることもあるのです。

しかしながらラスターレイクで保有するのであれば定期的に運用益が手に入ると言うことになりますので大きな魅力を感じることができるのです。これは実に画期的なことであり大きく評価されるべき内容であると言えるでしょう。

しかしこれだけのメリットが揃っていたとしても海外の業者のサービスであると言うことが不安を感じさせる現実があります。実はその点も心配がいらないと感じさせてくれる非常に大きな特徴があります。ドバイを拠点に活動している業者ではありますが、日本人が日本人向けにサービスを提供しているという特徴を持っています。

情報発信しているウェブサイトも日本語で書かれていますし、日本語によるサポートも充実しています。安心して利用することができるだけの環境が準備されているのも非常に魅力的な内容であると評価されています。

2017年12月22日 (金)

FXはどのような特徴があるか

FXは2つの通過の組み合わせで行う投資であり、基本としては通貨を売買したときの相場の差額が損益になる仕組みである。取引ではどちらを先に行っても良いため、景気の動向に関係なくどのような状況でも利益を出せる機会がある特徴がある。

また、2つの通過にはそれぞれ異なる金利があり、この差を利用して利息を積み重ねて利益を得ることもできる。流動性の低いマイナー通貨が金利が高くなる傾向にあるため、よく使用されている。

FXの取引を行う市場は世界中に存在しているため、時間を気にせずに取引できる。ただし、土曜の早朝から月曜の早朝は市場が閉まっているため注文は出せるが約定はしない。
24時間取引できるのであればパソコンなどに張り付いていなければならないように思えるが、実際の取引では通貨の変動が起きやすい時間帯が存在しており、そのタイミングに絞って取引を行えば短時間でも利益を出せる。

取引を行う際に重要となる数値にスプレッドとスワップがあり、業者によって違いがあるため有利になるものを選ぶ必要がある。スプレッドは売買を行う際に発生する手数料と考えると分かりやすいものであり、「買い」と「売り」の値の差である。

ポジションを持って即座に決済を行うとスプレッド分の損失が発生するため、これを超える相場の変動がなければ利益を得られない。デイトレードでは決済の回数が多くなるため、スプレッドが小さいほど有利になる。
スワップは金利差を示すもので、日付が変わると利息を得られる。業者によって若干の違いがあるが日本時間の午前6時から7時頃になる。スワップは通貨間の金利差がそのまま付くものではなく、業者の努力による影響も大きくなる。

そのため、どの業者を選ぶかで利益に大きな差が出てしまうので注意しなければならない。なお、この業者間のスワップの差を利用して「買い」と「売り」の両方のポジションを持ってスワップの合計を積み重ねる運用方法もある。得られる利益は小さくなるが、相場の変動の影響を相殺できるので安全性が高くなる。

2017年12月19日 (火)

初めての株式投資について

投資の一つに株式投資がありますが、最初はなかなか理解が難しく、とりつき難いものです。また、資金もある程度の額がありませんと始められないという不安もあります。
そもそも株を購入するとはどのような事でしょうか。分かり易く言えば、その会社に資金を提供することです。つまり、その会社のオーナーになるということです。

会社は資金を得るためには、銀行借り入れと社債や株式の発行などを行います。借入金や社債は返さねばなりませんが、株は返さなくてもよいのです。株を持っていれば、株主として配当金を受け取ることが出来ますし、株主優待で様々な特典を享受できるのです。

このような株は他人に売却することも可能で、買った価格より、高い価格で売れれば、売却益が得られます。また、株主であれば、会社の経営に参画することが出来、株主総会で議決権の行使をすることが出来るのです。議決権は株の多さに比例してより大きくなります。株主は、権利のほかに同時に義務も負うことになります。

出資額以上の損失はしませんが、会社が破綻した場合には、投資額は戻ってきません。出資額以上の責任は負わないという株主有限責任の原則があるのです。株式取引には現物取引と信用取引があります。取引は証券取引所で行うのですが、証券会社が仲介をしますから、必ず証券会社に口座を開設する必要があります。

売買は上場している会社の株に限られます。また、売買の最低取引単位株数が決められていて会社により異なります。1株から1,000株単位あり単元株といいます。基本的には取引は単元株単位で行います。しかし、資金がかさばりますので、証券会社では単元未満の株を扱うミニ株制度があります。ミニ株は証券会社がまとめて売買をします。

株の取引では、価格が相場で上下しますが、短期では、チャートの動きを見るテクニカル分析をします。また、長期取引では、ファンダメンタル分析を行い、世の中の情勢がどのように動き、株式相場にどのような影響を与えるのかを分析するのです。

現物取引では買うばかりですが信用取引では日歩金利を払い株を借り受けレバレッジをかけて、売却をすることができます。相場の動きに反した場合は、レバレッジのために投資額以上の損失が生じることがありますから注意が必要です。

«オンライン証券と普通の証券会社の株式の違い