2017年7月 7日 (金)

ラスターレイクでは金地金を安く買えると評判です

日本国内では金地金を購入する際に消費税と販売会社の諸経費が必要になります。しかしドバイなど海外の国々では金地金の取引が非課税とされています。ラスターレイクはドバイに本社を構えており、海外を中心の金地金の販売を行う会社です。同社は日本国内ではなく金地金の取引が非課税とされる海外で活動しているため、国内よりも安い価格で金を購入できます。日本では8%の消費税と販売会社の諸経費が必要ですが、同社を通した取引では消費税がかからないため8%以上も安くなると評判です。安い価格で金を購入できるので、当初の資金が少なくても投資を行うことができます。ラスターレイクの魅力は金が安く買えるということだけではありません。同社は顧客が購入した金を担保として活用する新しいビジネスを展開しています。

ラスターレイクには海外で提携するプライベートバンクが存在します。顧客は購入した金の保管を依頼することができます。保管期間は1年、3年、5年から選択可能です。同社は依頼を受けてプライベートバンクに保管している金を担保として活用し分散投資を行っています。分散投資による運用実績は年間の利回りが平均すると30%以上という優れたものです。金を担保とした分散投資によって得られた利益は毎月固定額の配当金として顧客に分配されます。顧客が金の保管を依頼した期間中は固定額の配当金が保証されています。保管期間中は毎月必ず配当金が得られると評判です。もともと金に投資する主な目的は値上がりによる売却益です。しかしラスターレイクでは売却益だけでなく毎月必ず配当金を得ることができます。金には安定した資産価値があり、世界経済が不況に陥った場合でも価値が失われることはありません。顧客はラスターレイクを通して金を安く購入できることに加えて、毎月固定額の配当金を得ることができます。さらに長期的に市場価格の値上がりを待って売却し、利益を得ることも可能です。同社を通した金地金の取引は、効率的な資産運用ができるため評判となっています。

2017年6月30日 (金)

資産運用で不動産投資を選ぶ方へ

資産運用を始める方の間で、不動産投資が急速に人気になって来ています。長期的に安定した家賃収入を得ていくことが出来る不動産投資を実践していくことで、本業で従事する方も、サラリーマンの方で副業で営む方も、長い期間に渡って安定した収益を得ていくことが出来るようになります。

家賃収入を継続して得ていくには、入居者を募り易い魅力的な物件を探していくことが大切になっていきます。駅からの距離が近かったり、スーパーやデパート等の商業施設が近い等の、入居者を募り易い物件を見つけることが出来れば、自然と安定した収益を維持していくことが出来るようになっていきます。予算の兼ね合いによりますが、長期的に安定した家賃収入を得ることが可能な物件で始めることが重要です。

最近は、いろいろな不動産業者で投資に関するセミナーを開催していて、投資に興味のある多くの方が出席をして、効率的なアパート、マンション経営を学んでいっています。物件を選んでいく場合に、シングル層をターゲットにするか、ファミリー層をターゲットにするかによって、間取りや立地、周辺環境も変わっていきます。資金面についても、なるべく自己資金を多くするように心がけ、月の家賃収入でローンの支払いが賄えるように心がけていくことも重要になっていきます。サラリーマンの方で副業として不動産投資を営んでいく場合は、管理を代行してもらう会社を探していくことも大切になっていきます。

アパートやマンションの経営を進める場合には、入居者のトラブルが発生しがちになってもいきます。仕事を抱える方の場合は、急な住民のトラブルに対応していく時間を捻出していくのも難しかったりするのも実情のはずです。物件の清掃管理から、空き室対策のための入居者の斡旋等に至るまで、トータルで任せていくことができる、信頼の出来る管理代行会社を見つけていくことが重要です。家賃滞納時の回収業務は、代行業者に任せたほうが良かったりします。信頼出来る代行業者を探し、効率的な資産運用の実現を目指していきましょう。

2017年6月26日 (月)

資産運用で確実に稼ぐ方法とは?

資産運用で確実に稼ぐには、取引所間の利ざやを利用するという方法があります。FXではよく使われていた方法でもありますが、現在ではそれほど稼げなくなっています。FX会社が確実に稼げる方法を放置してはおかないことは当然でしょう。現在は利ざやを利用して稼ぐという方法は現実的ではありません。

しかし、ビットコインでは取引所間の利ざやを利用して稼げると話題になっています。取引所によって価格が3%くらい差が出ていることもあるようです。確実に3%稼げるということは、1億円の資金を動かせるなら300万円を確実に稼げるということです。ビットコインでは海外送金が安いことも理由となっています。

ただし、ビットコインのアービトラージは思っているよりもうまくいきません。1つの理由は、送金のために最低でも20分程度はかかってしまうことがあげられます。送金が反映されるまでの間に価格差が解消されたら意味がありません。それどころか逆転してしまっている可能性さえあります。

また、アービトラージはやる人が増えてくると価格差が解消されてしまう傾向です。ビットコインの知名度は上がっているため、それほど簡単に稼げるというわけではなくなっています。

資産運用で確実に稼ぐなら、定期預金などを利用することになるでしょう。FXなどはやはりリスクが高い投資となります。確実に稼ぎたい人にはFXは向いていないと言われています。ハイリスク・ハイリターンの投資がしたい人向けです。

資産運用ではリスクをかけるほど大きな利益を出せる傾向があります。大きく稼ぎたい人は、資産を失うリスクとも向き合わなくてはなりません。また、センスも重要であると言われています。センスのある人なら少ないリスクで大きなお金を稼げるチャンスを見出せるようです。逆に、センスがない人はお金を失っていくという傾向です。そういう意味ではパチンコと似ているでしょう。余裕のある資産で投資を行い、お金は失ってもよいという気持ちで遊ぶようにしておくのが無難でしょう。

2017年6月20日 (火)

資産運用を行うための海外FX業者の選び方

FXは少ない資金でも資産運用を始めることができ、場合によっては短期間で大きな利益を得ることが可能です。日本では法律により、個人向け口座のレバレッジ倍率が最大でも25倍に制限されていますが、海外のブローカーを利用すれば400倍は当たり前で、中には1,000倍という業者もあります。これに加えて海外業者は口座残高がマイナスになっても追証が求められることがないので、入金した金額を超える損失を被ることもありません。

海外FX業者には多くの魅力がありますが、中には短期間で突然サービスを停止してしまう業者もあります。海外FXで資産運用する場合には、信用できるブローカーを選ぶ必要があります。

海外FX業者を選ぶ際のポイントは、保有ライセンス、サービスを開始してからの年数、日本語ホームページやサポート体制の有無、出金トラブルの報告の有無の3点です。ライセンスやサービスの提供年数を比較すれば、正規の業者を見つけることができます。

保有ライセンスとは金融業を行うための許可で、各国の金融当局が認定を行います。国によって基準が異なるので、英国やキプロス、マルタ島などの難易度が高い国のライセンスを取得している業者を選びましょう。ライセンスを取得していないか、正規の登録を抹消された業者は避けましょう。

正規にライセンスを取得した業者であっても、歴史が浅い業者は要注意です。歴史が浅いとノウハウの蓄積がないため、頻繁にトラブルが発生する恐れがあります。可能であれば、10年程度の歴史を持つ業者を選ぶようにしましょう。

日本人が利用する場合には、日本語ホームページやサポートも重要なチェックポイントのひとつです。日本人スタッフが常駐していて、メールやチャットで問い合わせに応じてくれる業者がベストです。海外業者はトラブルが多いので、サポート体制が万全の会社を選びましょう。

出金トラブルの有無については、口コミサイトを参考にして判断します。業者の中には利益分の出金をしようとすると、手続きや登録内容の不備などを口実にして出金に応じてくれないケースがあります。掲示板や口コミサイトで、出金時のトラブルが報告されているような業者は避けた方が良いでしょう。

海外FX業者は多くの魅力があるので、上級者におすすめです。日本語のホームページや日本人スタッフが常駐している業者もあるので、英語が使えない方でも安心して利用できます。

2017年6月14日 (水)

資産運用で相場が上がる仕組みを知っておこう

資産運用を実践するときには、相場があがって行く仕組みを理解しておくことがとても大切です。特に、株式に関してはそれぞれの会社に対して明確な価値が存在していますので、株価が上がる要因を探してよい企業を探す必要があります。

まず、株価が上がる要因として最もわかりやすいのは、業績です。例えば、業績が好調であるということは、その企業は常に利益を生み出しやすい状態にあるということを意味するので、と自然と投資家からの需要も高くなります。また、現状で業績が上がっていなくても、将来的に業績の見直しが合って上方修正に転換しそうな企業も株価は上昇します。特に、資産運用を行うときにはこうした業績が将来的に上がりそうな企業を見つけることが大事です。また、業績に伴って復配や増配を行う企業も株価が上がる傾向にあります。

今期に配当金を支出する、前回よりも配当金を増やすという企業がある場合には、特に資産を多く保有している投資家からは好まれる傾向があります。専門的な部分で見ると、割安株の修正という点も見逃すことができません。割安で放置されていた株価が、何らかの出来事によって一気に株価が上昇することがあります。この理由に関しては、実は明確な理由がわからないときがあります。マイナーだった銘柄が一気にメジャーになることもあるため、こうした株価を低下の内に購入していけば、一気に大きな資産を獲得することも夢ではありません。もちろん、株価の要因はこれらだけではありませんが、要因として大きな理由は上記です。

初心者であってもわかりやすいのは、業績が良い会社で合ったり、株主に対して還元率が大きい企業は、将来的に株価が上昇しやすい事実があるということです。株式は、資産運用の観点から見ると保有し続けることのデメリットがほとんどありません。金融機関のような借金とは全く事あり、株主側の債権であるため、わかりやすい株価の上昇ポイントを比較してより良い会社を選択することが好ましいでしょう。

2017年6月 9日 (金)

ラスターレイクの金地金投資が評判になるわけ

最近、投資家の間では金地金投資が注目を集めています。理由は、2000年代に入ったあたりから、一貫してずっと値上がりを続けているからです。この原因として考えられるのは、やはり、テロ事件や地域紛争などが頻発していることがあげられます。そういったテロなどで国際社会が不安定化しており、そのせいで、為替取引や株取引などは値動きが非常に予測しにくい状態になっているわけです。

突発的に起こるテロ事件などは、投資家にとっては本当に嫌なもので、いきなり予測を裏切られる要因になってしまいます。しかし、金地金は、このようなテロ事件などが頻発しても、価格が下落することがあまりありません。むしろ、そういう不安定な状態になるほど、皆が金投資に向かう傾向があるので、価格が上昇しているわけです。何で金に資金が向かうのかというと、金には普遍的な価値があるからといえます。金そのものが希少な価値ある物質であり、そのために、価値がいつの世でも一定以上に保たれているわけです。そんな、金投資ですが、今ラスターレイクで金を買う方法が一部の投資家たちの間で評判となっています。

なぜラスターレイクでの金購入が評判なのかというと、日本国内で金を買うよりも安く購入することができるからです。実は日本で金を買うと、海外で購入するよりも割高になってしまうのです。これはあまり知られていないことですが、金投資をする際には非常に重要なポイントになってきます。日本国内で金を購入すると割高になる要因は、主に2つあります。1つは消費税で、もう1つは金購入に関わる諸経費です。この2つの要因のせいで、日本国内で金を買うと、海外で買ったときに比べてなんと10%ほども値段が高くなってしまうのです。

その中でもやはり消費税が大きなウェイトを占めます。消費税は8%も国内だとかかるのですが、海外だと普通は課税されません。例えば100万円の金を国内で買えば108万円、海外だと100万円で買えますから、8万円も差があることになります。賢い投資家なら当然ラスターレイクを利用するはずです。

2017年6月 4日 (日)

不動産投資を資産運用として利用するならリスクも考える

不動産投資を資産運用として利用するなら、リスクについても頭に入れておきましょう。不動産投資は、不動産の購入をしてそれを貸し出して利益を得るという資産運用ですが、不動産の購入費用は高いので、失敗した場合の損失も大きくなります。ただ、投資額は大きいですが、回収が全くできないということいならない点は、不動産投資の良いところです。最悪の場合は建物を売っていくらか資金を回収できますから、それを持て残債務の返済に充てれば、損失は抑えることができます。

主な収入は賃料となりますから、賃料を安定して得られるためには工夫をする必要があります。例えば立地です。駅から歩いてすぐに行ける場所なら、通勤や通学に便利ですから、入居したいという人は多くなるでしょう。多少家賃を高く設定しても、設備がしっかりとしていてそれに魅力を感じてもらうことができれば、収入もたくさん得ることができます。また、対応の良さも心掛けなくてはなりません。クレーム対応をすぐにしてくれないような大家の建物は、住人オフマンが大きくなってしまいますから、定着率が下がってしまいます。これは、いくら良い建物や立地であっても起こりうることです。

管理に関しては、対応をスムーズにするためにも、管理会社に委託するのが一般的です。管理会社なら、管理をすべて任せることができますし、常に早い対応をすることができますから、自分が仕事などをしていたとしても対応できないということにはなりません。スピード対応は住人の満足度を高めますから、定着率を下げることに貢献してもらうことができるでしょう。

管理してもらう業者選びは、評判や実績などを基に、相談してみて信頼できそうなところを選ぶと良いです。オーナーに対してしっかりと説明をしてくれるところなら、住人に対してもしっかりとした対応をしてもらうことができるでしょう。不動産投資には、これらの要素が不可欠ですから、始めるならそれを備えておきましょう。

2017年5月30日 (火)

海外FX業者で資産運用を行う魅力と上手な活用方法

少ない資金でも大きな利益が得られる資産運用として、FX投資が人気を集めています。日本国内の業者を利用してFX取引に参加することもできますが、インターネット取引を活用すれば海外の業者を通して売買取引に参加することもできます。最近は日本人向けに日本語に対応したサイトやサポートデスクを設置する海外の業者が増えているため、日本に居ながら手軽に海外の金融ブローカーのサービスを利用することができます。

海外のFX業者を利用して資産運用を行う最大のメリットは、個人向けの口座でも最大レバレッジが400倍以上で取引が可能で、少ない資金でも大きな利益を得られるチャンスがあることです。日本国内の会社であれば個人向け口座の最大レバレッジが25倍に制限されているので、海外の業者を利用した方が効率的に利益が得られます。

レバレッジに加えて、ほとんどの海外業者は強制ロスカットに失敗して証拠金がマイナスになった場合でも、追証が請求されないことです。2015年1月に起こったスイスフランショックの際に、国内の業者で強制ロスカットができずに追証が請求されて多額の借金を抱えてしまった人もいます。これに対して海外業者を利用して取引を行っていた人の場合は最悪のケースでも単に証拠金がゼロになっただけで、借金を負うことはありませんでした。

海外の金融ブローカーを利用してFX取引を行う際は、注意すべき点もあります。海外の会社でも日本国内の業者を利用するのと同じような感覚で取引ができますが、口座への入出金の際に国際送金手数料がかかる場合があります。入金は日本国内の銀行口座に振込をすれば良いのですが、出金時は国際送金扱いになるため、業者によっては2千円~5千円程度の送金手数料を負担しなければならない場合があります。最近は仮想通貨のビットコインで入出金ができる業者があるので、銀行振込手数料を節約したい人は仮想通貨を利用すると良いでしょう。出金手数料が有料の場合でも、日本の銀行から海外の銀行に送金する場合よりも手数料が安い場合があります。海外の銀行口座を利用している方であれば、海外業者のFX口座に日本円で入金して格安の手数料で米ドルなどに両替を行い、海外の自分名義の銀行口座に出金することで、国際送金手数料を節約することができます。

2017年5月27日 (土)

不動産投資による資産運用、そのメリットは

資産運用にはさまざまな種類がありますが、その中でも不動産投資は比較的安定し資産形成も出来るということから昔から定番の投資方法として知られています。また位置づけとしてもミドルリスク・ミドルリターンとされ安全性から見れば金融投資よりも低いことが大きな魅力です。
不動産投資による資産運用のメリットは、第一には現物資産であることや金融機関に預けるよりも収入による高い利回りを得られることや購入時よりも高い価格で売ることができれば、その差益を得ることも可能です。また不動産価格は物価に連動するためデフレはもちろんインフレにも強いという点があります。

不動産投資で気をつけなければいけないのが、その不動産価値がある地域のものを購入する必要があるということです。特に日本においては都市部への集中が進んでおり、それ以外の地域の不動産価格は下落傾向にあります。また不動産価格が下落していても需要があれば売ることも可能ですが、不動産の需要がない地域では売却が困難になるケースもあります。このため不動産投資ではその立地が重要になります。

一方で以前と比べて不動産投資をサポートしてくれる環境は充実しており、資産運用としても利用しやすくなっています。例えば住宅ローンを利用して賃貸住宅を購入する方法もあり、手元に不動産を購入出来る資金がなくても将来的な資産運用という形で行うことも可能です。また住宅ローンを使った方法でのメリットとしては、団体信用生命保険に加入することができるので、この場合には住宅ローン返済中に契約者が死亡しても、保険で支払いが可能になるので家族に資産を残すといったことが可能です。また賃貸物件を住宅ローンで購入することで賃貸収入をローン返済に充てることができるので、返済そのものもそれほど大きなものにはなりません。その一方で返済が完了すればその不動産の権利を得ることができるので、実物資産を手に入れることができ、老後の蓄えとしても利用することができます。

2017年5月24日 (水)

ロスカットなどのリスクを回避してFXで資産運用する

FXによる資産運用にはロスカットや追加証拠金が発生するリスクが存在します。通貨の取引を行う際には証拠金が必要となります。例えばレバレッジ25倍で1ドル100円のときに1万ドルの買い注文を出すためには4万円の証拠金が必要です。通貨取引は世界中のどこかの国で24時間常に行われています。そのため通貨の価格も変動し続けており、1ドル100円だったものが80円になることも、120円になる場合も存在します。1ドル100円で1万ドル購入した場合には、日本円では100万円になります。レバレッジ25倍では必要証拠金は4万円ですが、1ドルが98円になった場合には1万ドルの価値が日本円で98万円となり2万円の含み損が発生します。含み損は証拠金から差し引かれるので証拠金残高は2万円です。必要証拠金が4万円のところ証拠金残高は2万円なので、証拠維持率は50%になります。

一般的に証拠金維持率が50%を下回ると追加の証拠金を提出するか決済するかが求められます。さらに証拠金維持率が下がるとロスカットが行われ、強制決済となります。強制的な決済が行われると投資家は証拠金の多くを失いますが、それ以上に損失が発生するのを防ぐことができます。1ドル100円で1万ドルの買い注文を出し、1ドル110円になった場合には10万円の利益が発生します。レバレッジが高くなるほど多くの利益を得る可能性がありますが、損失も大きくなる可能性があります。

ロスカットなどのリスクを回避してFXによる効率的な資産運用を行うには、レバレッジを1倍にする方法が存在します。レバレッジ1倍の場合には1ドル100円で1万ドルの買い注文を出すには100万円が必要です。この場合通貨の価格が下落すれば理論的にロスカットされる可能性が存在します。しかし国家や通貨が消滅するなど極端な事例が発生しない限り現実的にロスカットされることはありません。また2つの通貨の金利差益であるスワップポイントは毎日支払われるため、リスクを回避しながら安定した資産運用ができます。

«ラスターレイクで金地金に投資をして資産運用をするのは楽しい